資料DL:“データ民主化”はこう実現する! ツール導入後に始まるもう一つの戦い

誰もがデータの価値を共有できる状態にする「データの民主化」。その取り組みが広がり、BIによるデータ分析やAIの活用にまつわる話題が業界を問わず盛んになっています。しかし依然として「ツールを入れたけど、データを活用できていない」「きちんと分析できない」という声が多く届きます。そこで「データ分析の目的は何ですか?」、「データの値の特徴を把握していますか?」、「どの様なデータを持っているか把握していますか?」などと聞くと、正確に回答できる人が少ないのが現状です。
リアライズでは、データマネジメントを真摯に検討している企業に「ツール導入ではなく、データ活用の目的と、保有するデータの特性をしっかりと把握することを優先させるのが大切である」とアドバイスしてきました。そのためには正しいステップを踏むことが欠かせません。
本資料では、データ活用のために有効な施策やステップについて、実践事例を交えながらお伝えします。

INDEX

  1. データの民主化におけるデータ基盤
  2. 小さく始めて、大きく育てるデータマネジメント
  3. 実践事例
  4. データマネジメントの効果
  5. データマネジメントを維持する運用
必須
必須
必須
必須

個人情報のお取り扱いについて

お客様の個人情報は、お問い合わせの回答や情報提供のために使用させていただきます。
当社の『個人情報のお取り扱いについて』をご参照いただき、同意いただける場合はチェックを入れ先に進んでください。

必須