資料DL:今こそ求められる“攻め”のグローバル・データマネジメント

ビジネスがグローバルに展開している今、マスタ統合の仕組みを構築することは難しさを増しています。国内であれば中央集権的なアプローチが可能ですが、文化や法制度などビジネス環境が異なる海外に適用していくことは簡単ではありません。
では、どこからどうアプローチすれば良いのでしょうか。データマネジメントの専門会社として多くのプロジェクトを手がけてきたリアライズが、その経験から実践的なアドバイスを資料にまとめました。

INDEX

  1. データマネジメントの効果
  2. グローバルデータマネジメントの考え方
  3. 事例紹介
    1. 受注データの活用事例
    2. グローバルマスタの現地法人最適化事例
    3. 誤ったデータによる弊社事例
  4. 攻めのデータマネジメントとは?
必須
必須
必須
必須

個人情報のお取り扱いについて

お客様の個人情報は、お問い合わせの回答や情報提供のために使用させていただきます。
当社の『個人情報のお取り扱いについて』をご参照いただき、同意いただける場合はチェックを入れ先に進んでください。

必須