資料DL:DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方~組織横断でデータ活用を実現するデータ整備と体制とは~

デジタルイノベーションの創出や、ビジネス変革を実現するにあたっては「データ活用」が重要となります。しかし、そのデータは活用できる品質でしょうか?必要な範囲のデータが揃っているのでしょうか?分析ツールに投入するデータの編集加工に大幅な時間を費やしていませんか?
データ活用によって差別化を図るには、組織横断で正確なデータを利用することが不可欠です。
本資料では、データマネジメントの専門会社として長年企業のデータ品質改善、データマネジメント推進体制の構築を支援してきましたリアライズだからこそ語れる、データマネジメントの進め方を総合的にお伝えします。

 

※本資料を使用したセミナー動画も公開していますので、あわせてご覧ください。

  動画視聴:DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方

INDEX

  1. 昨今のデータに関する問題
  2. いまさら聞けないDX
  3. データマネジメント サポートメニュー
    1. 現状分析とマスター統合
    2. マスターデータのクレンジング・名寄せ
    3. データ編集・加工
    4. データカタログの作り方
    5. データマネジメント組織の立ち上げ
    6. データ移行
必須
必須
必須
必須

個人情報のお取り扱いについて

お客様の個人情報は、お問い合わせの回答や情報提供のために使用させていただきます。
当社の『個人情報のお取り扱いについて』をご参照いただき、同意いただける場合はチェックを入れ先に進んでください。

必須