データ運用アウトソーシングサービス

データマネジメントを成功させるポイントのひとつに運用の定着があります。データの品質は時間の経過とともに低下するため、多くの時間とコストをかけて初期構築を行ったとしても、着実な運用がなされなければ、品質維持することは困難です。しかし現実には、組織変更等で体制が変わったり、本来の業務と兼務で実施したりなど、お客様自身での運用は簡単なことではありません。リアライズはこうしたお客様の運用面の課題に対して、「データ運用のアウトソーシング」という形でご支援をすることが可能です。 ​

データマネジメントの専門集団ならではの高品質かつ効率的な運用 ​

データマネジメントの運用業務は専門性も高く、データを熟知した上で行うことが理想的です。リアライズは創業以来、データマネジメントの専門集団として数多くのプロジェクトに参画をしてきました。また、運用の土台となるデータの初期構築フェーズで、お客様の目的・課題・業務等を十分に考慮した上で、設計・構築・実装を行いますので、運用業務自体においても高品質かつ、効率的なご支援をすることが可能です。

3つの「リアライズ流」がデータ運用アウトソーシングサービスを徹底的に支援する

  1. 1. データを熟知した専門性の高い人材の確保

    data-operation_description.jpg

    リアライズの運用業務は、データの初期構築から一気通貫でご提供することが可能です。そのためお客様の課題や業務、データの状態を熟知した上で運用体制を構築します。質の高い人材を安定的に確保しご提供することで、高品質かつ永続的なデータ品質の維持が可能となります。

  2. 2.運用手順書に基づいた確実な遂行

    data-operation_logic.jpg

    運用業務のご支援にあたっては、運用設計段階で、仕様書・運用手順書の作成を必ず行います。これらの基準や手順に準拠し業務を行うため、一定のサービスレベルを常に確保した業務提供が可能となります。

  3. 3.データソースの追加等、お客様のご要望や変化に応じた柔軟な対応

    data-operation_description2.jpg

    長く運用を行っていく中では、「別のデータソースも見たい」「利用目的の変化応じて運用内容を変えたい」など、仕様・運用変更に係るご要望があることも少なくありません。リアライズは真にお客様に活用いただけるデータをご提供し続けるため、こうしたご要望も柔軟に対応をいたします。

データ運用アウトソーシングサービスの全体像

data-operation_procedure.png

データ運用アウトソーシングサービスの組み合わせ例

データ運用設計+運用手順書作成+体制の確保+運用業務実施+定例報告会の実施

※データの初期構築に伴う調査・実装は別途実施済みの想定です

データ運用アウトソーシング事例

  • 某製造メーカ様

    有効な顧客データは約2割 顧客データ整備により大幅な業務効率化を達成
  • 某情報通信企業様

    コスト削減効果は5~7億 調達データ整備で最安値企業が明確に

関連ブログ