EC商品データ整備ソリューション

競争が激化するEC市場では、他社との差別化戦略が重要となります。差別化に欠かせないポイントとして、商品の品ぞろえや、機能実装に必要なITはもちろんのこと、商品を “より見つけやすく、より分かりやすく” するための、データ戦略に注目が集まっています。リアライズのEC商品データ整備ソリューションは、施策の土台となるECデータを整備することで、お客様のビジネスに貢献します。 ​

マーケティング視点に基づいた設計とデータ構築力 ​

リアライズのEC商品データ整備ソリューションでは、商品選定時の軸である「商品スペック属性」と、顧客導線である「カテゴリ」に着目し、マーケティング視点で、ECデータの設計・構築をします。あるべき商品スペック属性の検討、独自のカテゴリテンプレートをもとにしたカテゴリ提案といった構想策定から、実際のデータ構築、運用まで総合的なご支援が可能です。

3つの「リアライズ流」がEC商品データ整備を徹底的に支援する

  1. 1. 顧客視点、データ視点の双方を踏まえ「あるべき姿」を検討

    EC-item-DM_description.jpg

    商品スペック属性やカテゴリの設計においては、顧客(購入者)の視点での利便性が最重要となります。一方で、データ整合性の取れていない状態は、顧客にとってストレスや不快感を与えます。リアライズはマーケティング戦略的な視点と、データの専門家としての双方の視点で、最適なご提案をします。

  2. 2.商品データ整備の経験を活かした精度の高いデータ構築力

    EC-item-DM_description5.jpg

    不足・欠落している商品スペック属性の充足、カテゴリの見直し、ブランドマスタといった新たなマスタ構築など、設計のみに留まらず実際のデータ構築まで行います。ECにおける商品マスタはまさに売上に直結するため、リアライズの精度の高いデータ品質はお客様にご評価いただいています。

  3. 3.永続的にデータ品質が保たれることを視野に入れた運用支援

    EC-item-DM_teach.jpg

    ECにおける取扱い商品は入れ替わりも激しく、定常的なデータ整備運用が不可欠となります。リアライズは運用業務の設計、お客様内での定着化をサポートします。また、運用業務自体をリアライズにお任せいただくことで、お客様社内の業務効率化、人事異動などに左右されない安定運用を実現できます。

EC商品データ整備ソリューションの全体像

EC-item-DM_procedure.png

EC商品データ整備ソリューションの組み合わせ例

A:商品スペック属性、カテゴリの初期構築を中心に行う場合

現状データ調査+商品スペック属性検討+カテゴリ検討+データ構築

B:設計~運用まで一気通貫で実施する場合

現状データ調査+商品スペック属性検討+カテゴリ検討+データ構築+運用構築・支援

関連ブログ