データマネジメントプラットフォーム構築ソリューション

データドリブン経営に向けて、DMP(Data Management Platform)やCDP(Customer Data Platform)といったデータマネジメントプラットフォームを導入する企業が増えています。しかしながら、単にプラットフォームを導入したとしてもシステムである器を構築しただけの状態に過ぎません。DMP/CDPにどのようなデータを入れ、どのように管理し、どのように分析につなげるのかという「データ視点でのアプローチ」を持つことで、目指す結果を得ることができます。
リアライズが提供するデータマネジメントプラットフォーム構築ソリューションでは、データの統合やデータ加工(データクレンジングや名寄せ)といったデータプレパレーションの活動支援から、データカタログ導入やデータガバナンス導入といったデータ品質向上に向けた支援まで幅広く用意しています。お客様の目的にあわせて必要な手立てを組み合わせて提供します。 ​

データ視点アプローチで構築する真にビジネス活用できるDMP ​

データマネジメントの専門会社リアライズならではのデータ視点で、「データ収集」→「データ蓄積/提供」→「ビジネス活用」までを一元管理できる仕組みや体制を、お客様の目的や現状の業務、データを踏まえて作り上げていきます。
多くのデータマネジメント案件を牽引してきたプロフェッショナル人財と蓄積したノウハウといった資源をベースに、データ活用ユースケースにおけるデータ処理・可視化のための共通ツール基盤の構築を支援し、「データ」+「システム」により、データ活用効果を最大化する取り組みを提供します。

データマネジメントプラットフォーム構築ソリューションの3つの魅力

  1. 1.各プロセスに応じた「データの在り方」を提示

    DMP_description.jpg

    データマネジメントプラットフォームでは、データの収集から加工、メタデータ管理、分析用データの構築と、各プロセスごとに全く異なる考え方のデータ視点アプローチが必要となります。
    リアライズはデータマネジメントの専門家として、様々な目的やデータにおけるデータマネジメント支援を実施し多くのノウハウを蓄積していますので、これらの知識を用いて、お客様のデータマネジメントプラットフォーム構築に最適なデータマネジメント手法を提案し支援していきます。これにより、お客様は活用目的にあわせたデータマネジメントプラットフォームを構築することができます。

  2. 2.データ品質維持のための仕組みを構築

    DMP_logic.jpg

    データに基づいた経営判断を行うには、一定のデータ品質を保つことが必要です。そのためには、データの収集や加工、利用方法を適切に管理するためのデータガバナンス方針を策定することが大切になります。リアライズでは、標準ガイドラインの整備、運用体制の構築、データ品質の評価方法も含めたサポートを行いますので、お客様のデータマネジメントプラットフォーム活用を促進します。

  3. 3.データマネジメント専門家によるサポート

    リアライズは2001年から多くの企業のデータマネジメント支援を実施してきました。その中で培ったデータマネジメントを成功させるノウハウを多く保有しています。だから、お客様のデータマネジメントを最短距離で確かな品質に導くことができます。
    データマネジメントプラットフォーム構築後もシステム更改によるデータ運用の変更や、活用方法や活用範囲の拡大による見直しへのサポートも可能です。
    また、お客様内でデータ運用が行えるよう研修を通じて人材育成することもできます。(リアライズへデータ運用を委託することも可能です。)

データマネジメントプラットフォーム構築ソリューション全体像

data-integration_procedure.png

参考事例

  • 某製造メーカ様

    有効な顧客データは約2割 顧客データ整備により大幅な業務効率化を達成
  • 某サービス業様

    データの意味・定義情報を整備することで分析業務の効率化に貢献

関連ブログ