データ移行ソリューション

基幹システムの更改で旧システムから新システムへの移行を行う際、最大の難関が「データ移行」と言われています。しかし、入れ物となる仕組みには費用・スケジュール・稼働が確保されていたとしても、データ移行については予算外の扱いであったり、十分に工数が考慮がされていないケースも少なくありません。リアライズは豊富な実績と経験から、成功のポイントを確実に抑えたソリューションをご提供します。 ​

データ移行のポイントを踏まえ、設計~本番までの総合支援が可能 ​

データ移行は非常に難しく、システム開発からの視点・アプローチだけでは、思わぬ落とし穴に陥る危険性があります。リアライズの「データ移行ソリューション」では移行計画の設計段階から、「データ移行時に必ず押さえておかなければならないポイント」を踏まえたご提案を行い、計画的に移行データを構築します。また、データ移行はテスト・リハーサル・本番とフェーズをわけることで、より確実なデータ移行支援を行います。

3つの「リアライズ流」がデータ移行を徹底的に支援する

  1. 1.設計からデータ移行の実施まで視野に入れた総合ソリューション

    data-migration_ discussion.jpg

    システム開発の設計段階から参画をすることで、計画的かつ明確なシナリオに基づき、データ移行を進めることが可能です。テスト・リハーサル・本番などの開発スケジュールを踏まえた上で、移行完了まで責任をもってご支援します。

  2. 2.データ視点に基づき、データ移行の落とし穴を回避

    data-migration_description.jpg

    データ移行の計画、遂行時に必ず押さえたい基本的な事柄から、手順や段取り面でのポイント、陥りやすい注意点を押さえたご提案をします。システム開発の視点だけでは見落としがちな設計・作業に対し、データ視点から着実にご支援します。

  3. 3.豊富なデータマネジメント実績に裏付けられるデータ構築力

    data-migration_handshake.jpg

    データマネジメントの専門会社であるリアライズは、データクレンジング・名寄せのデータ構築プロジェクトの実績が豊富にあります。確立された手順に基づき、精度の高い移行データを作り上げ、データを成長させながら本番移行のタイミングを迎えることが可能です。

データ移行の進め方

data-migration_procedure.png

データ移行ソリューションの組み合わせ例

現状データ調査+移行方針策定(計画書・手順書)+データクレンジング+名寄せ(数回実施)+データ移行作業支援

関連ブログ