Data-Master®利用イメージと効果

利用イメージ

顧客リストや取引先のデータが分散している。データの整合性が保てない・・・。

わかりやすい例として、顧客マスタのデータと商品の注文履歴のデータを取り上げます。

お客様のお悩み

●同じ法人なのに表記が異なり別コードで登録されている

●別々の法人の取引実績として集計されてしまう

●結果的にその法人の注文履歴を正確に把握できない

ご利用イメージ

Data-Master_before-after.png

Data-Master®の処理を行うことにより、本来は目視確認でしか判別できないような表記のゆれを一括変換し、法人番号を紐付けます。

全半角の違い、中黒の有無、正式名称と通称の違い、アルファベットとかなの違いなども判別可能です。

ご利用後の効果

●取引企業を一意に特定でき、リピート注文も含めた注文実態を
 把握し、取引額に応じた効果の高いマーケティング活動を行
 うことが可能です。

●イベントやメルマガなどのプロモーションから、受注に繋がった
 企業を正しく把握することができ、正確なマーケティング効果の
 測定を行うことができます。

Data-Master®サービスサイトはこちら

関連ブログ