顧客リストのツールクレンジング「Data-Master®」サービス

Data-Master®は、部門ごとに分散した顧客データに対し、豊富な辞書とAI技術を活用してクレンジング処理を自動的に行うサービスです。電話帳データや、住所辞書、局番辞書、姓名辞書だけでなく、AI(人工知能技術)を活用して学習させた独自に保有する読み替え辞書である「法人シソーラス」を活用し、法人名、住所、電話番号のクレンジングや、データ補完、法人番号付与を行うサービスです。とくに、デジタルマーケティングの分野で、Webやメールを利用したMA の利用やカスタマー・ジャーニーを適切に活用できる「正しい顧客リスト」を整えるためにも最適なサービスです。 ​

データマネジメント専門企業ならではの、ツールクレンジングを超えた幅広いサポート ​

Data-Master®はお客様のデータ活用目的にあわせて必要な機能を追加しデータクレンジングを行います。実際にData-Master®を利用いただいたお客様の中では、自社で保有している法人リストがシステムや部門ごとにバラバラに管理されていて、データがどのような状態になっているか把握ができないというケースもありました。こういったお悩みにも対応できるように、リアライズでは長年培ってきたデータマネジメントのノウハウを活かし、導入コンサルやデータ構造の明確化といった導入支援から、データクレンジング、データの補完、法人番号付与まで幅広くお客様のサポートが可能です。もちろん、法人単位だけでなく事業所や支店単位でのクレンジング・名寄せを行うこともできます。

Data-Master®サービスの3つの魅力

  1. 1.事業所データへの法人番号付与

    国税庁が発行する「法人番号」は登記上の本店住所に基づきますが、実際の顧客リストは事業所単位保有しているケースが少なくありません。Data-Master®は事業所単位のデータに対しても「法人番号」を付与することが可能です。

    ※法人番号は1つの企業に対し、1つの法人番号が振られるので、本店も事業所も同じ法人番号となります。

  2. 2.進化·成長する「シソーラス」

    リアライズの「シソーラス」「データマネジメントのノウハウ」とNTTデータが開発した「人工知能(AI)技術」の組み合わせにより、機械処理でも高い法人番号のマッチ率を実現します。

    NTTデータとリアライズによる検証結果では、サンプル調査で80%以上が法人番号とマッチするという結果が出ています。

  3. 3.企業情報の最新化

    以前にData-Master®にて処理を行ったデータに対し、再度処理を行うことにより、社名や住所の変更、統廃合による更新に対応することが可能です。

    同一ファイル内に、新規法人番号付与対象データと、過去に処理済みのデータが混在していても処理は可能です。

Data-Master®サービスの全体像

Data-Master®サービスの全体像

Data-Master®事例

  • ベルシステム24様

    リードデータに法人番号を付与!短期間に結果を取得し活用促進を実現
  • NTTデータ様

    顧客リストを統合する手作業から解放され マーケティング活動に集中

関連ブログ