データアナリティクスソリューション

リアライズのデータアナリティクスソリューションは、お客様のデータ活用目的を明確化し、必要なデータの収集、データの状態をアセスメント、分析に適した状態へ加工(クレンジング、名寄せ)、データの可視化(ビジュアライゼーション、ダッシュボード構築)までをトータルサポートします。

ビジネススピードが急加速するなか、データ分析をビジネスのあらゆる意思決定に役立てるデータドリブン経営の実現は必要不可欠といえます。また多くの企業がデータ活用人材の育成を強化することで、「データを活用した業務改善」や「新たな付加価値の創出」を、誰もが行えるようになることを推進しています。
一方、データ分析を行うためには様々なデータを収集し、品質の高いデータに加工したのち、人が判断できる形にデータを可視化する必要があります。しかし、これらの工程には専門技術と多くの工数を要し、「データサイエンティストは80%の時間をデータの前処理(データプレパレーション)に割いている」と言われるほどデータの準備・加工は複雑で、手間と時間が必要になります。
リアライズのデータアナリティクスソリューションは、お客様のデータ活用目的を明確にし、そのために必要なデータ可視化までのアプローチをトータルサポートすることで、お客様のデータドリブンなビジネス推進を支援します。 ​

データ活用者が求める「信頼できるデータ」と「目的に応じたデータ可視化」をサポート ​

データドリブンなビジネスを推進するために、ツールの導入やデータ活用人材の育成に投資したにもかかわらず、計画通りに進まないケースがあります。単純に既存のデータを集めてツールに格納し、可視化するだけでは信頼に値する分析結果は得られません。意思決定に足る価値あるデータ分析を行うためには「信頼できるデータ」と「目的に応じたデータの可視化」が必要なのです。
リアライズのデータアナリティクスソリューションは、お客様のデータ活用目的を明確化し、必要なデータの収集、データの状態をアセスメント、分析に適した状態へ加工(クレンジング、名寄せ)、データの可視化(ビジュアライゼーション、ダッシュボード構築)までをトータルでサポートします。また、継続的なデータ活用に必要なデータの最新化運用や、データ品質維持のためのデータガバナンスも支援します。

データアナリティクスソリューションの3つの魅力

  1. 1.データ分析で実現したい目的の明確化に重点を置いたアプローチ

    データ分析を成功させる秘訣は、最初にデータ分析で実現したい目的を明確化することです。目的なしに進めると、収集するデータ範囲が必要以上に広がったり、データ加工の品質レベルが過剰になってしまうなど、多くの費用や時間を無駄に費やすことになります。また、データの可視化においても、目的に応じて適切なダッシュボードを構築しなければ、正確な分析結果を導くことが難しくなります。そのためリアライズでは「データ分析の目的を明確化」、「分析要件を具体的に定義」、「分析に必要なデータの品質と精度を見定め」というアプローチを取り入れています。これにより、データ分析で実現したい目的の達成まで、無駄なく着実に進めることができます。

  2. 2.豊富な経験と実績によるデータプレパレーション

    DM-organization_logic.jpg

    リアライズは、データガバナンスのご支援実績が豊富で、お客様内にデータマネジメントを定着させる上で取り組むべき事項、注意点を手順化・確立しています。このメソッドに基づき、お客様の要件にそった内容にカスタマイズしご提供することが可能です。

  3. 3.組織のデータ分析・データ活用のケイパビリティ向上を支援

    DMP_description2.jpg

    ビジネスの成長に伴い、データドリブンな組織文化も高度化していきます。データを分析・データ活用する部門や、対象となるデータの種類、データの量が拡大するにつれてデータの品質や使いやすさの維持は難しくなります。そこで有効とされるのが「データガバナンス導入」や「データカタログ構築」です。リアライズはこれらも含めた総合的な支援の実施、さらには利用ユーザ自身によるセルフサービスのデータ分析・可視化に向けたBIツール(Tableau)活用のためのトレーニングを提供し、組織のデータ分析・データ活用のケイパビリティ向上に伴走します。

データアナリティクスソリューションの全体像

データアナリティクスソリューションの全体像

データアナリティクス事例

  • 某サービス業様

    データ項目の意味・定義情報を整備することで業務効率化に成功

関連ブログ