ウイングアーク1stとリアライズが業務提携

(2019年10月25日)

 

~BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」とデータプレパレーションをサービス化した
データエンパワーメントソリューションを11月22日(金)より提供~

 

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中潤、以下、ウイングアーク)と、NTTデータグループのデータマネジメント専門会社である株式会社リアライズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 大西浩史、以下:リアライズ)は、企業の経営状況の把握や意思決定のためのデータ活用の普及・浸透を目的に、2019年10月25日(金)に業務提携契約を締結しました。
ウイングアークの強みである可視化のためのビジネスインテリジェンス(BI)「MotionBoard Cloud」と、リアライズの強みであるデータプレパレーション・サービスを組み合わせたデータエンパワーメントソリューションを11月22日(金)より提供します。

※詳細は、同日に開催されるウイングアーク主催の「WAF2019 | UPDATA!」内での展示ブースにてお披露目を予定しています。

 

 

業務提携の背景

BIなどの分析ツールを活用して企業の状態を可視化するには、収集した活用対象データをアウトプット形式に合わせて加工や結合、クレンジング等(=データプレパレーション)を行う必要があります。しかし、必要なデータは企業内外の各所に散在しており、表記揺れや誤変換、欠損値をはじめその形式も様々です。データの専門家ではないビジネス部門のユーザーがこれらのデータプレパレーションを行うのは難度が高く手間もかかるため、BIツールを活用する環境準備に期間と費用が生じます。

 

この度の業務提携は、長年にわたり多くの企業にBIツールを導入し、可視化のノウハウを保有しているウイングアークが業界や業態、業務に適したダッシュボードのテンプレートを用意し、データマネジメントの深いノウハウとデータ整備技術を有するリアライズが提供するデータプレパレーション・サービスを一体化しています。

 

これにより、お客様は自社に適したダッシュボードのテンプレートを選ぶだけで、手間と時間のかかるデータプレパレーションの労力をかけることなく、短期間で本来の目的であるダッシュボードによる可視化の効果を得られます。また、データプレパレーションの処理を自前プログラムやエクセルのマクロ等でコーディングする従来の手法は、組織変更や商品追加などが発生した場合に迅速な対応ができないことも多くみられました。しかし本サービス利用により、データの加工や結合などの処理に修正が必要になった場合でも、柔軟に適切な変更対応を行うことができ、本来の目的である経営情報の把握や意思決定等のデータ活用に専念することが可能となります。

 

なお、本提携によるデータエンパワーメントソリューションの第一弾として、「営業パイプライン可視化サービス」をリリースします。「営業パイプライン可視化サービス」は、データ可視化領域にはウイングアークのMappaおよびMotionBoard Cloudで実現し、データプレパレーション領域にはリアライズが保有するデータマネジメントノウハウやAI法人名寄せクラウドサービス-Data-Master等を組み合わせたワンストップサービスです。

 

今後両社は、新しいサービスを開発し提供してまいります。

 

 

サービス概要図

news_20191025_realize.jpg

 

■「WAF2019 | UPDATA!」について
開催日時:2019年11月22日(金)  10:30~ (開場10:00)
会場:ザ・プリンスパークタワー東京(港区芝公園)
URL:http://www.wingarc.com/forum2019/

 

ウイングアーク1stについて

ウイングアーク1st株式会社は、データ活用のためのソフトウェアとサービスの提供を通じて、お客様で働く方のパフォーマンスを最大化する世界で唯一の「The Data Empowerment Company」を目指しています。業務上発生する帳票等を統合的に管理・運用する帳票基盤ソリューションを含む「ソフトウェア基盤事業」およびデータの集計・分析・可視化を行うBI(ビジネスインテリジェンス)を基盤とした「データエンパワーメント事業」を展開しており、それぞれの事業において高い市場シェアを有し、業界を問わず豊富な導入実績を有している企業です。

http://www.wingarc.com/

 

 

リアライズについて

株式会社リアライズは、NTT データグループのデータマネジメント事業専門会社として、創業者がユーザー部門で体験した問題意識から 1997 年に事業を開始し、一貫してデータマネジメントを通じた企業・組織の情報活用力の強化を支援しています。900 プロジェクト以上の「データに関わる課題」を解決するプロジェクトに携わり、様々な業種・業態のお客様のデータをあるべき姿に近づけるためのデータアセスメント・コンサルティングから、データの統合・構築(再生化)、データの運用・管理(高品質なデータの継続的な維持・管理)という3本柱のサービスにより、データライフサイクル全体を通じて解決・サポートしています。

https://www.realize-corp.jp/

 

 

MotionBoard について

MotionBoard は、企業をとりまくさまざまなデータを価値ある情報に変える、表現力と分析力を兼ね備えた情報活用ダッシュボードです。また、Cloud利用も可能であり(MotionBoard Cloud)、利用料金も30,000円/月~と導入しやすいプランも用意しています。

http://www.wingarc.com/product/motionboard/

 

 

Data-Masterについて

Data-Master01とは、部門ごとに分散ししてきた顧客データをAIによるクリーニングとマッチング処理を自動的かつ高速に行う、クラウドサービスです。とくに、デジタルマーケティングの分野で、Webやメールを利用したMA の利用やカスタマー・ジャーニーを適切に活用できる「正しい顧客リスト」を整えるために利用いただくサービスです。

https://www.data-master.jp/

 

 

お問い合わせ先

株式会社リアライズ

マーケティング・営業部

担当:野村・能登谷

TEL: 03-6734-9888

E-mail: press@realize-corp.jp