名寄せ・データクレンジングツール

システムでは日々大量のデータが生成・管理されていますが、これらの膨大なデータを処理するために、データクレンジング・名寄せツールの利用は有効です。リアライズはお客様へのソリューション提供にあたり、ベンダーフリーの立場で最適なツールを選定し、長年培ったノウハウを活かした設計、運用を行っています。 ​

ツールの機能を最大限に活かす設計・運用が可能 ​

ツールの利用はデータ処理において大変に有効ですが、時にツール導入自体が先行してしまい、お客様の目的にあったツール選定や設計、運用構築が後回しとなっているケースがみられます。このような場合、多大なコストをかけたにも関わらず、ツールの機能を十分に使いこなせない状況に陥りがちです。リアライズはお客様の利用目的や実際のデータ状態を確認した上で、最大限にツールの効果を得られるような設計・運用を提供することが可能です。

3つの「リアライズ流」で、名寄せ・データクレンジングツールを徹底的に使いこなす

  1. 1.プロフェッショナルな技術で、スピーディかつ高精度なアウトプットの提供

    データマネジメントの専門集団として、数多くのデータ整備を手掛けてきたリアライズ。名寄せやデータクレンジングツールの利用においても、ツールの特徴を熟知したスタッフが、確立された手順に基づき対応します。そのため、抑えるべきポイントを踏まえた精度の高いデータを、比較的スピーディに提供することができます。 ​
  2. 2.「人間の目」による確認結果をフィードバックし、仕様や設定のブラッシュアップを図る

    名寄せやデータクレンジングツールでは、一度の処理で完璧なデータ品質に仕上げることは不可能です。リアライズは機械処理では判断しきれない結果に対し、「人間の目」による確認を行い、これを元にツールを再設定。複数回のフィードバックを行うことで、最終的なデータ品質のレベルを高めるアプローチを推奨しています。 ​
  3. 3.独自性の高いデータには個別開発・カスタマイズ対応も

    一般的な名寄せ・クレンジングツールでは処理しきれない種類のマスタや、独自のご要望に対しても対応が可能です。パッケージツールのカスタマイズや、場合によっては独自プログラムの構築により、お客様のご要望を満たす丁寧なアウトプットをご提供します。 ​

名寄せ・データクレンジングツール進め方例

名寄せ・データクレンジングツールを使った事例

  • 株式会社NTTデータ様

    顧客リストを統合する手作業から解放され マーケティング活動に集中
  • 某製造メーカ様

    有効な顧客データは約2割 顧客データ整備により大幅な業務効率化を達成