移行計画

近年、多くの企業ではデータを軸にしたビジネス推進を行っています。
データを活用する上で、特に重要視されているのがデータ品質の向上と維持運用を行うデータマネジメントです。
この用語集では、データマネジメントやデータ活用に関する用語を解説しています。
また、データマネジメントの専門家として活動するリアライズが、データ活用のヒントもご紹介しています。

移行計画とは

移行計画とは、「ある場所からある場所に移るための方法・手順などを筋道を立てて企てること」です。

簡単に言ってしまえば、引っ越しの方法や筋道を考えることです。

 

例えば、引っ越しにしても、物を動かすだけではありません。

 

・いつから新居で生活を始めるのか、旧居はどうするのか

・通学や通勤の経路はどう変わるのか、当日は休むのか休まないのか

・家族全員が一度に移るのか、少しずつ時期をずらすのか

 

など、さまざまなことを考える必要があり、それによって動かす物も時期も変わります。

 

そして、それはシステムの移行でも同じです。

システムの切り替え時期や業務の繁忙期などを踏まえ、総合的に考える必要があります。

リアライズが考えるデータマネジメント

基幹システムの更改で旧システムから新システムへの移行を行う際、最大の難関が「データ移行」と言われています。

移行対象となる実際のデータは、システム定義書通りに精緻に、例外なくデータが存在することはありえません。

現場の運用に基づき、さまざまなイレギュラー処理がなされていたり、当初定義した範囲を超えるような事象が発生し、暫定的な対応でデータ入力がなされていたりするのが現実です。

こうしたデータの現状を把握した上で、何を残し何を移行するか、移行後のデータはどのような単位、粒度、形式で保持していくか。

新システムの設計段階からデータ視点でのアプローチを行うことが肝心です。

 

こうした実データを把握・処理していく作業は、非常に重要でありながらも、膨大な工数がかかります。

しかし、入れ物となる仕組みには費用・スケジュール・稼働が確保されていたとしても、データ移行については予算外の扱いであったり、十分に工数が考慮がされていないケースも少なくありません。

また、システム更改は頻繁に行われるものではないため、システム移行の担当者は情報システムについては詳しいけれども、データ移行の経験自体はないというケースも多々あります。

リアライズは豊富なデータ移行の実績と経験から、成功のポイントを確実に抑えたソリューションをご提供します。

 

データ移行は非常に難しく、システム開発からの視点・アプローチだけでは、思わぬ落とし穴に陥る危険性があります。

リアライズの「データ移行ソリューション」では移行計画の設計段階から、「データ移行時に必ず押さえておかなければならないポイント」を踏まえたご提案を行い、計画的に移行データを構築します。

また、データ移行はテスト・リハーサル・本番とフェーズをわけることで、より確実なデータ移行支援を行います。

 

リアライズは、以下の3つの点を重視して、お客様の「データ移行」を成功に導きます。

1.設計からデータ移行の実施まで視野に入れた総合ソリューション

2.データ視点に基づき、データ移行の落とし穴を回避

3.豊富なデータマネジメント実績に裏付けられるデータ構築力

 

 

詳細は以下をご覧ください。

 

 

 

>   3つの『リアライズ流』がデータ移行を徹底的に支援する

データ移行は非常に難しく、システム開発からの視点・アプローチだけでは、思わぬ落とし穴に陥る危険性があります。豊富な実績と経験から導いた成功のポイントを紹介します。

 

 

 

 

 

用語集一覧に戻る

関連ソリューション・サービス

関連ブログ