タクソノミー

近年、多くの企業ではデータを軸にしたビジネス推進を行っています。
データを活用する上で、特に重要視されているのがデータ品質の向上と維持運用を行うデータマネジメントです。
この用語集では、データマネジメントやデータ活用に関する用語を解説しています。
また、データマネジメントの専門家として活動するリアライズが、データ活用のヒントもご紹介しています。

タクソノミーとは

タクソノミー(taxonomy)とは、元々は、分類学や分類法という意味を指す英単語ですが、ITの世界では、情報やデータなどを階層構造で整理したものを指すことがあります。

特に、XBRLではデータの要素(例えば、日本語の名称が「売上高」であり、英語名称が「Net Sales」であること等)に加えてルールや規約を含めたものを指すことがあります。

また、ECサイトなどで、商品を分類しているものをタクソノミーと呼ぶ場合もあります。

リアライズが考えるデータマネジメント

データマネジメントにおいて、タクソノミーを踏まえたマスタ設計を行うことは重要です。
管理するデータが複雑になればなるほど、どのように対象データを分類し、階層化するかという観点が必要になります。

リアライズは、様々な業種・業界のお客様データと向き合ってきた実績を基に、お客様のデータを適切な状態にすべくご支援いたします。

 

 

詳細は以下をご覧ください。

 

 

 

>   データマネジメントを成功させるポイント

リアライズが考えるデータマネジメントを成功させる3つのポイントを紹介しています。

 

>   EC商品データ整備ソリューション

あるべき商品スペック属性の検討、独自のカテゴリテンプレートをもとにしたカテゴリ提案、データ構築、運用まで総合的な支援を行います。

 

>   セミナー動画視聴「DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方」
動画の続きはこちらからご覧ください。

 

 

 

 

 

用語集一覧に戻る

関連ソリューション・サービス

関連ブログ