オペレーショナル

オペレーショナル(Operational)とは、一般に”運用中の”や”操作上の”などと訳されますが、経営の世界では、基幹業務を意味します。
基幹業務とは、企業経営を支える基盤であり、競争力の源泉となる領域のことです。

例えば、販売会社であれば、受注~請求等の一連の業務を指します。
製造会社であれば生産指示~製品入庫等の一連の業務を指します。

基幹業務は、競争力の源泉となる領域であるため、理屈から考えれば、この部分にERPなどのパッケージシステム導入はしない(他と同じような業務をしていたのでは、競争に勝てないという考え方による)のですが、現実には、安易に基幹業務にパッケージシステムを入れようとするケースが多いようです。 ​

データに関する根本的な認識違いのひとつに、「基幹システム内のデータは概ね仕様通り正しく入っている」と思われているケースがあります。

基幹システムを構築する時点で、仕様を定めているのだから、その通りにデータは入力されていると考えるわけですが、実態は日々の慌ただしい業務の中で、必要性の低いデータ入力はしませんし、入力ルールなども徹底されていなければ、開発者の意図とは反して、思い思いの使われ方をしてしまうというのが現実です。

また、急速な事業拡大や、合併・統合等により、基幹システム自体がつぎはぎ状態になってしまい、「似たようなデータ項目が複数あるが違いがわからない」「欲しいデータがどこにあるのかわからない」という状態に陥り、結果として有用なデータ活用を実現できないというケースは少なくありません。

リアライズでは、こうしたデータの課題に対し、データの棚卸しから、可視化、データクレンジングデータ統合、またデータ品質を維持するためのデータガバナンスまで幅広いご支援が可能となります。


詳細は以下をご参照ください。

「リアライズのこだわり」

「データマネジメントを成功させるポイント」

関連ブログ