DMBOK(Data Management Body Of Knowledge)

近年、多くの企業ではデータを軸にしたビジネス推進を行っています。
データを活用する上で、特に重要視されているのがデータ品質の向上と維持運用を行うデータマネジメントです。
この用語集では、データマネジメントやデータ活用に関する用語を解説しています。
また、データマネジメントの専門家として活動するリアライズが、データ活用のヒントもご紹介しています。

DMBOKとは

DMBOKとは、データマネジメント知識体系(Data Management Body Of Knowledge)の略で、米国DAMA(Data Management Association)インターナショナルに所属する120名を超えるデータマネジメントの実務家によって書き上げられた著作です。

目的としては、

データマネジメントの機能についての合意形成
データマネジメントの機能、成果物、役割、用語について基準となる定義をする
データマネジメントの基本原則を文書にまとめる

などがあげられています。

リアライズが考えるデータマネジメント

リアライズは、DMBOKに基づくデータマネジメント支援を行います。

DMBOKで定めるKnowledge Areaを中心として、「データ品質」「メタデータ管理」「データモデリング」「マスタ統合」「データガバナンス」「データ運用」など、データマネジメント全体にわたり、お客様のデータ課題を解決していきます。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

 

 

>   リアライズのこだわり

お客様と伴走してデータマネジメント支援、データ活用支援を行うリアライズが大切にしているコトです。

 

>   データマネジメントを成功させるポイント

リアライズが考えるデータマネジメントを成功させる3つのポイントを紹介しています。

 

 

 

 

 

用語集一覧に戻る

関連ブログ