デジタルツイン

デジタルツインとは、CPS(サイバーフィジカルシステム)とほぼ同義で使われていて、仮想空間に現実と同様の空間を再現する技術のことです。
IoT技術によってセンサーを介して取得した大量のデータAIを組み合わせて現実空間に近い環境を仮想的に作り、リアルタイムにデータを取得し分析に活用します。
現実の環境と同じ環境が仮想環境上にもうひとつ構築されることから「ツイン:双子の意味」という言葉が用いられています。
例えば、製造分野では製品が与えられた環境の中でどのような挙動を示すか、どのように変化するかをシミュレートするために用いられます。

デジタルツイン技術を製造に用いることで例えば次のような効果を得ることができます。
・生産設備の状態をリアルタイムに把握して設備の保全を迅速におこなうことができる。
・仮想空間上で試作をすることで効率化できる。
・いちいち実際に物理的に試作品を作って試すことを繰り返す必要がなくなる。

これらの効果は最終的には、製品の品質向上やコストダウン、お客様へのサービス向上につながることになります。

家電や自動車などモノ自体をインターネットに繋げることで、より便利なサービスを提供するIoT

通信技術の高速大容量化が進んだことで、IoTデバイスのログデータをマスターデータにリアルタイムで紐付けることも可能となり、そこから新たな付加価値を見出している企業も出てきました。

このような価値を最大化するために、マスターデータデータ品質は担保されなければなりません。

しかしながら実際には、データ入力が不特定多数の部署で行われていたり、社外から直接データが流入する仕組みであったり、マスタが社内に点在することで統制が取れていなかったりといった理由で、データの表記ゆれ、重複、欠落・欠損等が起きており、適切な状態でマスタを維持・管理できていないということは多々あります。

マスターデータの管理が十分でない場合、どのような問題が起きるのか・・・・。
数え上げたらきりがありませんが、一例として以下のように「お客様に対する問題」や「社内業務の非効率」また、「情報システム上の問題」があげられます。

■お客様に関する問題(例)
・分散したお客様データを都度、探している
・顧客情報の鮮度が不ぞろいな為、お客様に迷惑をかける
・顧客接点(DM、訪問)の履歴情報不足により、訪問や問合せ時にお客様に迷惑がかかる

■社内業務に関する問題(例)
・マスタ入力を複数部署で実施し、品質低下
・情報登録、更新のアナログ化
・顧客の正しい情報が不明で、マーケ・分析が不正確
・非整合なデータモデルに合わせた業務・運用

■情報システムに関する問題(例)
・個別最適のつぎはぎ業務・システム
・顧客情報を管理するシステムが分散・非整合
・キー情報・属性情報の設定/定義の統一概念無く、データが重複・分断

継続的に事業を拡大する上では、上記のようなデータ品質の課題への対処は避けて通れない事柄となります。

リアライズは現状データのアセスメント、データクレンジング名寄せといったデータ品質の向上に関わる取組から、データ品質を適切に維持・管理するためのデータガバナンスに関するご支援まで、総合的にお客様のマスタ管理の改善をご支援いたします。


詳細は以下をご参照ください。

「リアライズのこだわり」

「データマネジメントを成功させるポイント」

3つの『リアライズ流』がデータ統合を徹底的に支援する

セミナー動画視聴「データマネジメントを軸としたDX推進の心得」