デジタルマーケティング

近年、多くの企業ではデータを軸にしたビジネス推進を行っています。
データを活用する上で、特に重要視されているのがデータ品質の向上と維持運用を行うデータマネジメントです。
この用語集では、データマネジメントやデータ活用に関する用語を解説しています。
また、データマネジメントの専門家として活動するリアライズが、データ活用のヒントもご紹介しています。

デジタルマーケティングとは

市場分析や顧客の購買性向の把握、広告宣伝などのマーケティング活動は従来マーケッターや営業担当者が手足を動かして実施してきました。

例えば、消費者への紙媒体を利用したアンケート調査、新聞・雑誌への広告掲載やテレビでのコマーシャル放映などが典型例です。

デジタルマーケティングとは、そのような従来の人手による方法ではなくコンピュータやWebを駆使しておこなうマーケティング手法のことです。

企業の情報システム、Web環境、スマートフォンなどのデバイスが発達・普及した今日では従来のマーケティングに比肩しうる重要な手法になっています。

 

デジタルマーケティングの例として、自社に蓄積された膨大な購買データの分析による顧客の嗜好把握、SNSのポストをもとにした市場動向分析などがあげられます。

また、広告宣伝分野ではWebサイトやYouTubeなどへの広告の掲載があげられます。

Webへの広告掲載は性別や世代など自社商品に関心を持つ消費者のプロフィール把握の精度が高いこと、広告掲載費用が安価なことなどから新聞・テレビなどの媒体利用よりも効果があると考えられています。

リアライズが考えるデータマネジメント

過去の購買履歴やWebサイトのアクセスログ、コールセンタへの問い合わせ記録などを駆使したデジタルマーケティングによって、従来であれば多大な手間をかけなければならなかった、個別顧客毎の「One to Oneマーケティング」や、成約前の見込み顧客を育成する「顧客ナーチャリング」が可能になりました。

より精度の高いデジタルマーケティングを行なうには、多様な顧客接点(コンタクト・チャネル)で収集されたデータの統合が必要です。

 

しかし、データ統合を成功させるためには、簡易的な重複データの名寄せだけでは済みません。

それぞれのシステムに格納されているデータは、項目の持ち方も違えば、保持しているデータ粒度も異なります。

そのため、対象となる全データを把握し、データの持ち方や粒度を揃えていく必要があります。

これらの事前調査と設計が、データ統合成功の鍵を握ると言っても過言ではありません。

 

データ統合は、データの種類や使われ方によって必要な手立てが変わります。

リアライズの「データ統合ソリューション」は、現状データの把握と、今後のデータ活用を視野に入れて必要な手立てを検討することから始めます。

件数が多い場合は、名寄せツールの利用も考慮し、コストバランスを考えたご提案を行います。

 

リアライズは、以下の3つの点を重視して、お客様の「データ統合」を成功に導きます。

1.運用を視野に入れたデータ設計

2.MDMツールの提供でなく、中身のデータの統合を行う

3.確立された統合マスタ運用の考え方

 

 

詳細は以下をご覧ください。

 

 

 

>   リアライズのデータ統合ソリューション

個別システムで管理しているデータを、お客様の活用目的やデータの種類・特性にあわせて統合します。

 

>   リアライズの名寄せ

一見簡単そうに見える「名寄せ」ですが、やみくもに実施すると連携している別システムに影響が出たり、名寄せ後のデータ活用で品質の問題が出てきます。品質の良い名寄せのポイントを紹介しています。

 

 

 

 

また、統合された顧客データと各種の履歴データを分析、AIを活用した予測など、新たなマーケティングアプローチの可能性が広がっています。

リアライズの「データアナリティクスソリューション」では、顧客データの名寄せや前処理(データプレパレーション)から、分析・可視化の環境まで、お客様のデータ分析・活用をトータルにサポートします。

 

 

詳細は以下をご覧ください。

 

 

 

>   データアナリティクスソリューション

お客様のデータ活用目的を明確化し、必要なデータの収集、データの状態をアセスメント、分析に適した状態へ加工(クレンジング、名寄せ)、データの可視化までをトータルサポートします。

 

 

 

 

 

用語集一覧に戻る

関連ブログ