データプレパレーション(データ前処理)

データプレパレーションとは、分析に必要とされる様々な形式のデータを分析できる状態に収集/変換/加工などを行う事前準備作業のことです。

データ分析を行う場合、企業内で蓄積している顧客データや売上実績データ、商品データや、企業外から購入する様々なデータを使用します。
しかし、それぞれのデータは分析とは別の業務目的で蓄積・管理しているため、データの形式や項目の意味は様々であり、他にも表記ゆれ、誤変換、欠損値も多くそのままでは活用できないことがほとんどです。
そのためデータ分析の品質を高めるには、事前にデータプレパレーションを確実に行うことが成功の鍵となっています。

こういった作業はデータサイエンティストが実施しているケースが多く、New York Timesの記事にも「データサイエンティストは50~80%の時間をデータプレパレーションに時間を割いている」と書かれているほど多くの時間を費やしています。
せっかく統計学の専門知識を身に着けたデータサイエンティストが本領発揮できていないという事情をよく聞きます。

一方で、データプレパレーションもデータ種類に応じた特性や業務内容を把握した人でないと効率的に作業を行えないので本業務の作業者を確保するのが難しい事情もあります。 ​

企業では日々、様々なデータが生成され、そのデータ量は年々増え続けます。
この膨大なデータをただ業務運営だけに利用するのではなく、高度な分析をし経営戦略に役立てたり、新たなビジネス創出に役立てたいというニーズも当然あります。

しかしながら、いざデータ分析を進めようとしても、肝心の対象データがどこにあるのかわからなかったり、連携する様々なシステム内に散在し集約が必要だったりして、正確に対象を捉えることすら難しい場合があります。
このような時、事前の状況把握や準備に時間や手間がかかりすぎ、肝心のデータ分析に至る前に挫折をしてしまうケースも多々あります。

リアライズでは、データサイエンティストが本来の解析業務を行う前の、「データプレパレーション」を行います。
現状データの状態を紐解き構造化し、分析可能な状態にまで引き上げます。
これらの作業は、大変地道な作業の繰り返しとなり、膨大な時間と労力を費やす上に、データの個性を読み解く力、データの取扱いについてのノウハウなくしては、有用なデータを作り上げることはできません。

データマネジメントの専門会社であるリアライズには、マスタデータ、トランザクションデータを問わず、様々なデータを取り扱う技術と実績があります。
長年の経験から確立された手順・ノウハウに基づき設計・運用を行うため、抑えるべきポイントを踏まえた精度の高いデータを、比較的スピーディに提供することができます。
さらにお客様固有の特徴的なデータにも柔軟な対応が可能です。


詳細は以下をご参照ください。

「リアライズのこだわり」
「データマネジメントを成功させるポイント」

関連ブログ