データマート

データマート(Data Mart)とは、データの市場(mart)という意味です。
通常、市場では、魚類を扱う所、肉類を扱う所、青野菜を扱う所、日用品を扱う所など、購入者の購入用途や目的などに応じて、売りものを棚に並べます。

また、その際、売れないもの(腐ったものや傷んだもの)は、予め省いて棚には並べません。
これと同様に、システムに蓄積された膨大なデータの中から、データ利用者の用途、目的などに応じて必要なものだけを抽出、加工し、利用しやすい形に格納したデータベースのことを、データマートと呼びます。

ちなみに、データ利用者の用途、目的などに応じて必要なものを利用しやすくしたものがデータマートですが、特定の目的に限定せず、複数のシステムからデータを集めてきた倉庫のようなものをDWH(データウェアハウス)と言います。
つまり、データマートは「DWHの中から、特定の目的に合わせて抜き出したもの」と言うことができます。 ​

データ分析を行うためにデータマートは導入されますが、データの中から、データ活用の目的を考えたときに重要になる点が、どのようなデータの中から、データを収集、統合すべきかという視点になります。
これは最終的にデータ分析データ活用を行う業務部門でなければわからない点であり、IT部門と業務部門が連携し、取り込むデータの選別を行う必要があります。

しかしながら、分析に必要なデータソースを紐解く際に、似たようなデータ項目が複数存在しており、その関連性がわからない・・・など、データ管理の根本的な問題に直面することも少なくありません。
リアライズでは、顧客、商品、その他あらゆる業務データの棚卸し、可視化、クレンジングデータ統合、分析用データ構築まで幅広いご支援が可能となります。


詳細は以下をご参照ください。

「リアライズのこだわり」

「データマネジメントを成功させるポイント」

関連ブログ