データの民主化

データの民主化とは社内の誰もが簡単にデータを利用できるような環境を構築することを意味します。

誰もが自由にデータを使って担当する業務を改善できるようにすることを目的にしています。

特定の担当者だけに限ってデータの利用・分析を許可していては、変化の激しい今日、大きなビジネスチャンスを逃したり経営のパフォーマンスが低下する、という認識から着想されました。

データの民主化にあたっては、適切なコンピュータの仕組みを準備するだけでなく、データの所在や各データの意味を記述するデータカタログの整備や利用者のリテラシー教育などソフト面での施策も必要です。 ​

データの民主化、データドリブン経営を進めるために、企業は膨大な量の多種多様なデータを蓄積するようになりました。
これらのデータを活用するためにODSやDWHの構築を行う企業が多くありますが、データ活用の目的を考えたときに重要になる点が、どのようなデータを収集、統合すべきかという視点になります。

これは最終的にデータ分析やデータ活用を行う業務部門でなければわからない点であり、IT部門と業務部門が連携し、取り込むデータの選別を行う必要があります。

しかしながら、分析に必要なデータソースを紐解く際に、似たようなデータ項目が複数存在しており、その関連性がわからない・・・など、データ管理の根本的な問題に直面することも少なくありません。

リアライズでは、顧客、商品、その他あらゆる業務データの棚卸し、可視化、データクレンジングデータ統合、分析用データ構築まで幅広いご支援が可能となります。


詳細は以下をご参照ください。

「リアライズのこだわり」

「データマネジメントを成功させるポイント」

関連ブログ