ビッグデータ

近年、多くの企業ではデータを軸にしたビジネス推進を行っています。
データを活用する上で、特に重要視されているのがデータ品質の向上と維持運用を行うデータマネジメントです。
この用語集では、データマネジメントやデータ活用に関する用語を解説しています。
また、データマネジメントの専門家として活動するリアライズが、データ活用のヒントもご紹介しています。

ビッグデータとは

ビッグデータとは、直訳すれば「大きなデータ」となりますが、その大きさを図る側面としては、種類と量があります。

データの種類:情報通信技術の進展により、従来のシステムに留まらず、様々な情報源を活用できるようになった。(例:WEBサイトの閲覧履歴、SNSのコメント、GPSによる位置情報 等々)これに伴って、データの形式も多岐に渡る。(例:画像、音声、非構造化データ 等々)

データ量:上記のような種類の多様化に合わせて、高解像などの品質も求めれるため、ペタバイト、ゼタバイトといったような量となる。

すなわち、ビッグデータとは、上記の様な多種多量のデータとなります。

リアライズが考えるデータマネジメント

リアライズは、ビッグデータの活用シーンで課題となる、データそのものが整っていない、データの意味がわからないといった状況を解決するソリューションがあります。
分析対象となる元データが整っていないことで、誤った分析結果が出てしまうことを防ぐために、分析に必要なデータの整備を行っています。

 

 

 

用語集一覧に戻る

関連用語

関連ブログ