BI(Business Intelligence)

近年、多くの企業ではデータを軸にしたビジネス推進を行っています。
データを活用する上で、特に重要視されているのがデータ品質の向上と維持運用を行うデータマネジメントです。
この用語集では、データマネジメントやデータ活用に関する用語を解説しています。
また、データマネジメントの専門家として活動するリアライズが、データ活用のヒントもご紹介しています。

BIとは

BIとは、ビジネス・インテリジェンス(Business Intelligence)の略称です。直訳すると「経営知能」となりますが、一般的には「利用者自らがデータサイエンティストなどに頼らず、比較的簡単にデータ分析をする手法」をさします。結果的には(データサイエンティストに頼る代わりに)様々なツールに頼ることになり、そのためのツール(BIツールと呼ばれる)も含めて、BIと総称することが多いです。

但し、注意すべきは「ツールには機械的なことしかできない」ということです。
「ツールを導入したら何とかなる」のではなく「ツールを導入して何とかする」のは人間だということです。

リアライズが考えるデータマネジメント

BIツールを導入しデータ分析を進めようにも、肝心の対象データがどこにあるのかわからなかったり、連携する様々なシステム内にデータが散在しているので集約が必要だったりと、正確に対象データを捉えることが難しい場合があります。
このような時、事前の状況把握や準備に時間や手間がかかりすぎ、肝心のデータ分析に至る前に挫折をしてしまうケースも多々あります。

リアライズでは、こうしたデータ分析、データ解析業務の前に必要なデータの前処理を専門に行います。
現状のデータ状態を紐解き構造化し、データ分析に耐えられるデータ品質を定め、その品質にあわせてデータ整備を行いますが、これらの作業は大変地道な作業の繰り返しとなり、膨大な時間と労力を費やす上に、データの個性を読み解く力、データの取扱いについてのノウハウなくしては、有用なデータを作り上げることはできません。

データマネジメントの専門会社であるリアライズには、マスターデータ、トランザクションデータ、お客様固有の特徴的なデータなど、様々なデータを取り扱う技術と実績があります。
また、長年の経験から確立された手順・ノウハウに基づき設計・運用を行うため、抑えるべきポイントを踏まえた精度の高いデータを、比較的スピーディに提供することができます。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

 

 

>   リアライズのこだわり

お客様と伴走してデータマネジメント支援、データ活用支援を行うリアライズが大切にしているコトです。

 

>   データマネジメントを成功させるポイント

リアライズが考えるデータマネジメントを成功させる3つのポイントを紹介しています。

 

 

 

 

 

用語集一覧に戻る

関連ブログ