リアライズのこだわり

1.リアライズが大切にしているコト

  1. 納得の提案のためにお客様の目的を意識する

    データマネジメントを行うことは目的でない。データマネジメントを行うことで叶えたい「その先の目的」が必ず存在する。
    リアライズは、「お客様の本当の目的」を叶える為に必要なデータマネジメントソリューションを提案する。
    何度も何度も「お客様の本当の目的は?」と自問自答するのはその為だ。だから、お客様から納得される提案になる。
  2. 信頼の品質のためにデータの意味を理解する

    データには個性がある。同じ表記のデータも格納されているシステムや、利用される業務によって意味が異なる。
    リアライズは、データがどのようにシステムの中を流れるか、業務上でどのように使われるかを理解して、それにあわせたデータマネジメント支援を行う。だから、高い品質のことを「リアライズ品質」とお客様に呼ばれるのだ。
  3. 真の満足のために今後の運用を考慮する

    データ整備は、一度実施すれば終わりではない。時間の経過とともにデータが入れ替わり、加工されることで品質が悪化する。
    リアライズは、データの初期構築だけでなく、継続的にデータ整備を行う運用を考慮しデータマネジメント支援をします。
    だから、データの資産価値を高めてお客様の真の満足を得ることができるのだ。

2.リアライズの幅広い支援範囲

1997年にデータマネジメントの専門会社として立ち上がったリアライズは、ビジネスニーズの変化や新たなIT技術の登場によって浮き彫りになった、様々なデータの課題を解決してきました。これから先、データを活用したビジネスは今後も加速度的に拡大します。同時にデータの課題も複雑かつ多様になります。こうした課題へリアライズはデータマネジメントの専門会社として取り組み続けていきます。

3.お客様の声

顧客リストを統合する手作業から解放され マーケティング活動に集中

株式会社 NTTデータ

コンサルティング&マーケティング事業部 様

事例はこちら