商品部門によくある課題

ECサイトの運営企業や、商社企業で課題となるのが、大量にある商品データ管理です。商品データを正しい軸で管理できていない為に、商品管理に膨大な時間を使い、また販売機会の喪失にも繋がります。ここでは、そんな商品部門によくある課題をまとめました。

商品部門によくある課題

  1. 課題

    商品カテゴリが適切でない

    解決策

    商品カテゴリの検討・構築

    適正な商品カテゴリの分類粒度、深さ、表記を検討しご提案します。また新旧カテゴリのマッピング表を作成し、現在のデータに新商品カテゴリの紐付を行います。

    リアライズのソリューション

  2. 課題

    EC向けに属性を付与したい

    解決策

    商品属性の検討・構築

    現在の属性データを拝見した上で、保持すべき商品属性情報について、商品カテゴリごとに検討をします。また、現在のデータに対して属性情報の構築・付与を行います。定期的な運用をご支援することも可能です。
  3. 課題

    商品のスペック情報を補完したい

    解決策

    スペック情報の検討・構築

    不足している商品スペック情報を調査しデータ補完します。また備考欄やメモ欄に集約されているテキストデータを品詞分解し、適切なカラムへの移築を行います。定期的な運用をご支援することも可能です。
  4. 課題

    複数のデータソースを紐付けて分析をしたい

    解決策

    統合データの構築・共通コードの付番

    顧客や商品等のマスタに、契約や購買履歴、カスタマサポートや保守情報などのトランザクションデータを紐付け、分析可能なDBを構築します。外部から購入されたデータとの紐付も対応可能です。定期的な運用をご支援することも可能です。