情報システム部門によくある課題

システム更改に伴うデータ移行や、複数システムの統合によるデータ統合等、システムの変更にあわせて必要となるのが中身のデータの整備。ここでは、そんな情報システム部門によくある課題をまとめました。

情報システム部門によくある課題

  1. 課題

    基幹システム更改に伴いデータ移行が必要

    解決策

    移行データの構築・データ移行

    データ中心アプローチに基づき、移行先データのマスタ設計を行います。また、旧データデータクレンジング名寄せを行い移行データの構築を行います。テスト、本番リリーススケジュールを踏まえ、新システムへのマスタ設定までの移行支援を行います。
  2. 課題

    会社統合に伴い、データの統合が必要

    解決策

    データクレンジング・名寄せ、データ統合、統合先DBへのデータ移行

    統合対象となる企業の現在のデータ保持状況、設計を確認し、統合データの設計・構築を行います。テスト、本番リリーススケジュールを踏まえ、統合先データベースへのマスタ設定までの移行支援を行います。
  3. 課題

    MDMを導入したい

    解決策

    データクレンジング・名寄せ、データ統合、統合先DBへのデータ移行、運用構築

    統合対象となる企業の現在のデータ保持状況、設計を確認し、統合データの設計・構築・移行支援を行います。またMDM導入後の運用構築の設計までご支援します。
  4. 課題

    IT資産の棚卸に時間がかかる

    解決策

    資産情報の電子化、統合DBの構築、運用構築

    現在のデータの状態、業務フロー、棚卸の課題等を踏まえ、目的に沿った管理項目の検討を行います。その後、必要に応じてデータのDB化、統合DBの構築、運用構築までご支援します。

    リアライズのソリューション