【無料】BtoBデジタルマーケティング成功の鍵は高度なデータマネジメントにあり

BtoBマーケティングにおいて「ABM(アカウントベースドマーケティング)」という考え方が話題になっています。
これは広くリードを集める「デマンド・ジェネレーション」とは異なり「対象を特定の企業(アカウント)に絞って個別アプローチするための手法」ですが、リードデータベースを企業名で名寄せできておらず、「何社の企業データが存在するかわからない」「どれが今すぐフォローすべき企業なのかわからない」といった課題を抱える企業も少なくありません。
本セミナーではABMを成功に導くためのポイントについて、事例を交えながらご紹介します。

 

セミナー案内リーフレット(PDF)

 

※内容は一部変更となる場合がございますので予めご了承ください。

 

No. 内容 時間
セッション1 進化を続けるSalesforceで実践するABMの実践とは
(講演:株式会社セールスフォース・ドットコム)

 

B2B企業向けの営業やマーケティング担当者が今最も注目する戦略であるABM。導入検討や採用プランの高まりとは裏腹に、適切に実行するスキルに自身があると回答する企業は非常に少ない現実があります。
そんな中、営業・マーケティングが統一の顧客データを元にABM施策を実行できるSalesforceプラットフォームに今大きな注目が集まっています。本セッションでは、先行企業のABM実践事例と、SalesforceでのABM実践のデモンストレーションをご紹介させて頂きます。

15:05~15:50
セッション2 営業・マーケティングシーンにおけるデータマネジメントの重要性とは
(講演:(株)リアライズ)

 

昨今、営業・マーケティングシーンではMA、SFA、CRMを導入する会社が増えていますが、ビジネス活用で成果を出す上では「データが使えないこと」が、大きな障害となるケースが多く見られます。
その原因の多くは「データが使えないこと」であり、ビジネスに活用する上での大きな障害となっています。
本セッションでは、900件以上のデータマネジメント実績のあるリアライズが具体的事例を交えつつ、データマネジメントの重要性や解決の勘所について解説します。

15:50~16:35
セッション3 デジタルマーケティング時代のデータ統合はこうする!
(講演:パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社)

 

マーケティングの精度を高めるためには、企業情報など外部から多くの情報をMAツールに連携する必要が出てきました。
手作業を自動化し、反映の頻度をスピードアップすることで、マーケターが本来のマーケティング業務に注力できるように裏側で支えるデータ統合手段を事例を交えてご紹介します。

16:45~17:10

 

※事前申し込みが必要です。
  「参加お申込み」より登録をお願いします。
※「参加お申込み」ボタン押下しても申込み画面に遷移しない場合、
 お手数ですがss@realize-corp.jpにお問い合わせください。

開催日 2017年12月14日
開催地 パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社 東京オフィスセミナールーム (東京都品川区東品川2-3-14 東京フロントテラス17階)

 

このイベントは終了しました。