【webセミナー】DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方 ~組織横断でデータ活用を実現するデータ整備と体制とは~

デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが活性化している昨今、リアライズにもDX推進に伴うデータマネジメントのご相談を多くいただいています。

 

デジタルイノベーションの創出や、ビジネス変革を実現するにあたっては「データ活用」が重要となります。
しかし、そのデータは活用できる品質でしょうか?

また、必要な範囲のデータが揃っているのでしょうか?
分析ツールに投入するデータの編集加工に大幅な時間を費やしていませんか?

 

データ活用によって差別化を図るには、組織横断で正確なデータを利用することが不可欠です。

今回のwebセミナーでは、データマネジメントの専門会社として長年企業のデータ品質改善、データマネジメント推進体制の構築を支援してきましたリアライズだからこそ語れる、データマネジメントの進め方を下記6つのサポートメニューからお伝えします。

 

1.現状分析とマスター統合
2.マスターデータのクレンジング・名寄せ
3.データ編集・加工
4.データカタログの作成
5.データマネジメント組織の立ち上げ
6.データ移行

 

概要

■日時:2020年7月15日(水)14:00~15:00

■参加人数100名 300名 ※参加可能人数を増やしました。

■参加費:無料

■会場:zoomによるオンライン配信
※動画視聴URLは、開催直前にお申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。
※時間になりましたらURLをクリックしてセミナールームにご入室ください。14:00より入室可能です。
※当日のご案内メールが届かない方はお手数ですがseminar@realize-corp.jpまでご連絡ください。


 

スケジュール

■14:05~14:45

オンライン講演
DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方
~組織横断でデータ活用を実現するデータ整備と体制とは~

講師:取締役 櫻井 崇

 

■14:45~15:00

質疑応答

※チャット形式で質問いただきましたら、講師が回答させていただきます。

 

■終了後

ご希望に応じて営業担当がオンラインにて個別のご相談を承ります。

 

注意事項

※内容は変更となる場合がございます。
※当社のユーザー事例等が含まれるため、ユーザー企業の方以外はお断りする場合がございます。

※同業他社の方は参加をご遠慮いただいております。
※参加は申込者本人に限ります。
※録画、録音、撮影についてはご遠慮ください。

 

 

お申し込みを締め切りました。

 

 

関連コンテンツ

セミナーレポート公開のお知らせ【data tech2019】:「DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方」

2019年11月19日に開催された「data tech2019」(翔泳社主催)に当社取締役櫻井が登壇しました。

セミナーレポート公開のお知らせ:ツールだけでは実現不可能な“データの民主化”

2019年3月7日に目黒雅叙園で実施されました、「データマネジメント2019~データが導く『サービス化』へのシフト~」 (JDMC主催) において、弊社代表取締役大西、取締役櫻井が登壇いたしました。

関連ブログ