「data tech2019」にて協賛講演を行います

翔泳社の年次カンファレンス『data tech 2019』にて、リアライズは講演を行います。
今年は「DX推進に向けたデータ活用とデータマネジメント ~データを正しく、効果的に利活用するための条件~」と題し、このテーマにふさわしい有識者が講師として登壇するイベントとなっています。
リアライズは、ここ最近で特に多くご相談いただく、DX推進に伴うデータマネジメントをテーマに講演いたします。

 

概要

■日時:2019年11月19日

■場所御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

■参加費:無料

 

弊社講演

■16:05-16:45【B-4】
DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方
~組織横断でデータ活用を実現するデータ整備と体制とは~

講師:取締役 櫻井 崇

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが活性化している昨今、リアライズにもDX推進に伴うデータマネジメントのご相談を多くいただいています。デジタルイノベーションの創出や、ビジネス変革を実現するにあたっては「データ活用」が重要となります。しかし、そのデータは活用できる品質でしょうか?また、必要な範囲のデータが揃っているのでしょうか?分析ツールに投入するデータの編集加工に大幅な時間を費やしていませんか?
データ活用によって差別化を図るには、組織横断で正確なデータを利用することが不可欠です。
本講演では、データマネジメントの専門会社として長年企業のデータ品質改善、データマネジメント推進体制の構築を支援してきましたリアライズだからこそ語れる、データマネジメントの進め方を事例を交えてお伝えします。

 

全セッション内容はこちらからご覧ください。
data tech 2019 DX推進に向けたデータ活用とデータマネジメント ~データを正しく、効果的に利活用するための条件~

 

 

イベント申込