DX推進!データエントリ・IFの最適化 最新効率化セミナー ~データマネジメントと最新技術によるエントリ業務とデータ連携!~

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが活性化している今、多様なシステムが混在し複雑化するシステムの中で、どのようにデータ品質を保ち、どのようにデータを活用していくか、が大きなポイントとなってきます。

 

本セミナーでは多様化・複雑化が進むIT環境の中で、あるべきデータマネジメントの手法から、非定型書類からのデータ抽出~業務システムへの自動化や手入力に依存するユーザインタフェースの改善、多様なシステム間連携の改善に関するソリューションをご紹介させていただきます。

 

概要

■日時:2019年8月23日(金)15:00~17:15[受付開始 14:30~]
■場所アステリア セミナールーム(大井町駅徒歩3分)

■参加費:無料(事前登録制)

■定員:40名

※イベントの内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

セミナースケジュール

■15:00~15:05

ご挨拶

株式会社日立ソリューションズ デジタルイノベーション営業本部 課長代理 鈴木 俊之

 

■15:05~15:35(基調講演)

DXを加速度的に推進するデータマネジメントのあり方 ~組織横断でデータ利活用を実現するデータ統合とは~

株式会社リアライズ 取締役 櫻井 崇

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが活性化している昨今、リアライズにもDX推進に伴うデータマネジメントのご相談を多くいただいています。デジタルイノベーションの創出や、ビジネス変革を実現するにあたっては「データ活用」が重要となります。しかし、そのデータは活用できる品質でしょうか?また、必要な範囲のデータが揃っているのでしょうか?データ活用によって差別化を図るには、組織横断で正確なデータを利用することが不可欠です。
本講演では、データマネジメントの専門会社として長年企業のデータ品質改善、データ統合推進を支援してきましたリアライズだからこそ語れる、データ統合の進め方を事例を交えてお伝えします。

 

■15:35~16:05

ユーザにやさしいDXを実現するWalkMe

株式会社日立ソリューションズ クロスマーケット・サービス本部 技師 落合 博基

 

DXを成功に導く新しいソリューションが登場。
操作ナビゲーションをユーザへ提供することで、システム運用者の業務負荷を低減し、利用ユーザの習熟度を向上させる定着化ソリューション WalkMeをご紹介します。

 

■16:15~16:45

間接部門の働き方改革を促進!AI型データ抽出技術で実現するデータエントリ業務の効率化

株式会社日立ソリューションズ ビジネスコラボレーション本部 技師 吉村 亮一

 

ビジネスのやり取りで大量に発生する取引先との請求書や注文書などの紙書類に対し、経理・総務などの間接部門では、紙書類からのデータ入力業務の作業負荷が課題となっています。
本セッションでは、従来人海戦術で行っていた書類記載情報の業務システムへのデータ入力業務を効率化し、人的コストを削減させるだけでなく、さらにRPAやEAIと連携することで、より業務の効率性・信頼性を向上させる秘策をご紹介します。

 

■16:45~17:15

データエントリー業務の自動化を促進するノンコーディングツール「ASTERIA Warp」

アステリア株式会社 エンタープライズ本部 営業部 宮本 淳子

 

あらゆる企業でデータエントリー業務は発生していますが、入力画面からの手入力やファイルインポート等によるシステム間のデータ受け渡しなど、エントリー形式が多岐に渡るため、業務自動化が進んでいない領域が存在しています。
本セッションでは、データエントリー業務の自動化を促進させ、業務効率化を推進するノンコーディングツール「ASTERIA Warp」について、デモや事例を交えご紹介します。

 

 

イベント申込