元店長S森ブログ:(第10回)~S森、筋トレを語る

このコーナーは、元店長「S森」がリアライズに入社して感じた会社の雰囲気や、仕事のことを紹介するコーナーです。

IT未経験から第二新卒で中途入社したS森。朝に一日のやるべきタスクをすべて整理し、それを定時内にこなすことに全力を尽くす。オンオフをしっかり使い分けたうえで、仕事:家庭:趣味=「1:1:1」にするのが理想。
仕事は合理主義だが義理人情に厚く、仕事の合間には社内の多くの人と会話を楽しむ。

 

はじめに

皆様こんにちは。S森です。

 

この情勢下で在宅勤務が続いており、なかなか季節の変わり目を感じることが少ない中、唯一「布団の中から出る気が起きなくなる現象」で以て季節の変化を感じる引きこもりの日々です。

今回も、若手社員S森のお話について、少しばかりお付き合いくださいませ。

 

さて、このブログも早いもので第10回!

ついに二桁連載の大台(?)に乗ったわけです。

そして、「二桁連載するまで続けられたら好きなことを書いてもいいよ」って偉い人が言っていたようないなかったようなまぁ実際言っていないんですけど10回までがんばりましたし好きなことを語らせていただく回にしようかな、なんて。

ということで!今回は初の!私の趣味全開ブログになります!

「お前の趣味なんぞに興味ネーヨ!」という方は、言いたいことは最後に一言デカ文字でまとめておきましたので、そちらまでスキップしてくださいませ~。

 

S森と筋トレ

S森は意外と多趣味ですが、今回語りたいのはこの筋トレの話になります。

この男、なんだかんだ3年くらい筋トレを続けています。

そう聞くと、ブログだけご覧いただいている方は「こいつどんだけマッチョなんだ…!」と思われるかもしれませんが、全くそんなことはございません。

スーツ越しだとほとんどわからないような気がします。

脱げば、「まぁ何かしらはやってるんだろうな~」とわかる。

まぁそんな程度です。

 

それでもですね、3年も続けていると、筋トレをやるメリットってのは結構見えてくるものです。

私自身の筋トレ事情を語っても仕方ないので、今回は筋トレの素晴らしさについて、語ってみたいと思うわけですね。

とはいえ、こんなことは語り尽くされた話だと思うので、ちょっとここにS森なりの意見を入れてお話しさせていただこうと思います。

 

自分の体になにか良いことをやった気になれる

正直S森の筋トレが続いている理由は、これが非常に大きいです。

特にこのコロナ禍において、皆様もこんなことを思う日がないでしょうか。

「あー今日は寝て食べてただけだったなー」とか。

「今日一日何もしなかったなーできなかったなー」とか。

そんな無力感感じるときに、筋トレはおススメです。

一日30分程度頑張れば、「確実に体にいいことをした」という気になれます。

「基本的に一日消費しただけだったけど、筋トレはできた!こいつぁきっと身体も丈夫になったし、数分程度寿命も延びたに違いないぜ!」という感覚は、何もできなかった一日をすごく肯定的にしてくれます。

 

確実に結果が出る

某番組発信で「筋肉は裏切らない」なんて言葉が流行りましたが、これは結構真実じゃないかなーというのが、3年ほど続けてみての実感です。

S森も、学生時代は身長170cmにして体重50kg以下という、人体模型(骨の方)のような体型をしており、自分が筋肉をつけるなんて不可能だと思っていました。

が、やっぱりやれば変わるものです。

3ヶ月続けると、体つきに変化が見えます。

6か月続けると、食欲に変化が現れます。

1年続けると、サボるほうが気持ち悪くなります。

世の中、「努力すれば必ず報われる」というのは嘘だと言われますが、こと筋トレに関しては「努力すれば報われる」のです。

そりゃあもう、確実に。

 

自信がつく

まぁ筋トレに限ったことではないですが、何かを長期間続けられていることは、ちゃんと自分の自信になります。

上述した通り、筋トレは目に見える成果となるため、テレビなどでだらしない体の人が特集されていたりすると、なんとなく「勝ったな…!」と思えます。

筋トレ最高!みたいな絶賛するようなことを書いていますが、トレーニングってやっぱりしんどいものですしね。

それを続けられているんだ!じゃあ他のことも続けられる!

みたいな気持ちにはなれます。

ぼかぁ筋トレを3年続けているんだ!きっとこのブログもちゃんと続けられる!

…とまぁそんな感じ 笑

 

まとめ

今回は、趣味全開で筋トレのことを語ってみました。

でも実際、このコロナ禍で筋トレを始めるの、いいと思いますよ。

ただでさえ運動不足が叫ばれる世の中なので、突然筋トレし始めても「最近運動不足でさ~w」という理由で通りますし。

筋肉痛に襲われても、どうせ外に出られないし。

なーんにも買わなくたって始められますし。

 

 

まぁ一番言いたかったことといえば。

「リアライズは会社のブログでこんなこと書いても許される会社だよ」

 

ってことですね!

いやはや、寛大でいい会社だ。

というわけで興味を持たれましたら以下のページからどうぞ!

 

リアライズ採用ページ

 

こんな感じで、このシリーズでは若手社員の感じる”リアル”を発信していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。 ┏○ ペコリ

 

よろしければいいね!をお願いします。

facebook.PNG

 

Twitterでも情報発信しています。

Twitter_Logo_Blue.png

 

 

ブログ一覧に戻る

関連コンテンツ

リアライズの採用情報

リアライズの採用情報をお知らせしています。

関連ブログ