【後編】データ移行経験20年のベテランが語るデータ移行のポイントPart2(データ移行失敗からのリカバリー)

このコーナーは、リアライズの凄腕PMサクライが、データマネジメントノウハウや、最近のトレンドをご紹介するコーナーです

リアライズの凄腕PMサクライ。数々のデータマネジメントPJを先頭に立ってやり抜く。最近は営業も実施。口癖は「ええねんけどなぁー」。

データリカバリーの結果

本ブログは「【前編】データ移行経験20年のベテランが語るデータ移行のポイントPart2(データ移行失敗からのリカバリー)」の後編です。
まだ、
前編をお読みになっていない場合は、先に前編からご覧ください。

【前編】データ移行経験20年のベテランが語るデータ移行のポイントPart2(データ移行失敗からのリカバリー)

 

 

前編では、新卒1年目にも関わらず、上司や先輩が作ったシステムの保守要員に任命されるが、そのシステムで実施した決算処理の数値が合わずお客様から「0点」と言われた。
何としてもお客様のご要望にお応えせねばと奮起し、アプリケーションの修正をSTOPさせて、データを正しい状態にすることを優先した結果、原因の特定ができた。しかし、問題はここからでした・・・というところで終わりました。

では、続きをどうぞ。

 

しかし、問題はここからでした。

 

原因の特定とデータリカバリープラン及び、決算処理の大幅な修正(最初からやり直し)を進言したところ、当時の会社の上司にはまったく理解が得られませんでした。
(責任が取れないの1点張りでした。 もぅやですよねー)

 

結局、お客様がGOサインを出せばという条件で社内を通し、お客さまからは、「新旧」両方の決算処理を実施し、比較検証をするのであればという条件で、データリカバリーと決算処理の修正を実行し、初めて1円の狂いも無い決算処理を実現するに至りました。

 

この結果、様々な副産物をお客様と共に手にすることになったのは、想定外の喜びでした。

 

副産物その1:決算処理時間が、17.5時間から、25分に短縮(まぁ、マジックです)
副産物その2:25分で決算処理が完了するので、お手軽に現在の決算状態が見れる
副産物その3:直下の営業所がお手軽に数値把握出来るので、興味が湧く
副産物その4:営業所側で、細かな数値の不整合と事務処理の誤りに気付き、教えてくれる
副産物その5:データの精度がどんどん上がる
副産物その6:旧バージョンの決算処理は無視されるw

 

事態が好転し始めるとそれは止まることが無く、以前であれば、決算処理後に本部と営業所で行われる、数字の不整合検証で何日にも渡る押し問答が一切無くなりました。
(そりゃそうですよね、営業所に伺う前に、数字は合っているのですから)

 

そうなると、不整合検証用に確保していた日程が不必要になり、休日になったり、他の仕事に割り振れたりと気分も明るくなり、憂鬱な決算処理後の事務が、ほんわかとした春日和に乗ってお客様の宴会に繋がったことは、言うまでもありません。
(実際、連日の歓迎と飲み会で、胃が重いとおっしゃってました。私には関係はありませんがw)

 

 

エピローグ

このお話は事実ですが、「終わり良ければ総て良し」的な事ではなく、本来最初からお客様が手に入れるはずだった、システム導入の恩恵を、3年もかかってようやく手にすることが出来たという悲劇のお話であります。

 

データ移行で失敗すると、そのリカバリーには想像以上の時間がかかります。
それは、本番稼働が始まっている状況の中で、トランザクションデータを含めたデータのリカバリーは至難の業だからです。

 

私が新卒であった、1995年から20年以上が経過し、世のシステムやパッケージは比較にならないほど進歩・複雑化する中で、データ移行を軽視することがいかに愚かな事であるか、ご想像頂ければ幸いです。

 

システム構築に携わっているエンジニアの皆様も、データ移行の担当になるということは、お客様の業務に精通することにもなりますので、決して外れクジなんかではありません。
データ移行の経験者は、その後のキャリア形成において、よりお客様に近い立場での志向の有り方を極めることが出来る可能性を持っていることを、お忘れなきよう。

 

ということで、本当は、銀行の統廃合と、証券取引所のシステム再構築に関わるデータ移行も考えるポイントを挙げながら、考察するつもりでしたが、長くなってしまいましたので、今日はここまでにします。(こちらは、成功事例です。)

 

えっ?なんですか?今回のデータ移行失敗からのリカバリーは、どんな業種か?ですか。。。
えーっと。ご想像にお任せいたしますが、お金に関わる業種です。
20年以上前のお話ですし、最後はきっちり仕上げてありますので、ご心配なく。

 

 

よろしければいいね!をお願いします。

facebook.PNG

 

Twitterでも情報発信しています。

Twitter_Logo_Blue.png

 

 

ブログ一覧に戻る

関連コンテンツ

データ移行ソリューション

システム刷新に伴うデータ移行を、データ設計から本番移行までサポートします。

関連ブログ