【リアライズ通信(201204)】

このコーナーは、リアライズ社長の大西が発信するブログです。最近の出来事や、今後のビジネスへの考えを綴っています。

 

大西です。
約2年前くらいからこれまで、この『リアライズ社長ブログ』で、当社のビジネス上のイベントや個人的に思ったこと・感じたこと、私事の家庭菜園等の趣味に関することなどについて、本当に徒然なるままに好き勝手な事柄を不定期で書かせていただいておりました。

以前から白状していますが、私は筆が遅くて、相当苦しみつつ難儀しながらこのブログを執筆してきております。
その割りには、内容も文章も堅苦しくて大変読みにくいものしか書けないため、いつも『読んでくださる方々が苦痛じゃないだろうか』と心配しながら原稿を執筆しいるところです。
それでも、アクセス数のレポートを見ると、月間で相当多くの方々がこのブログを見てくださっているので、大変勇気をいただいております。

あまりコンセプトも目的も考えず、なんとなく始めてみようかなという軽いノリでブログを続けてきましたが、今年度からはリアライズの事業活動の今やトピック、新しくチャレンジしようとしていること、課題や悩み事などについて、月に一度(程度)皆さまにお伝えするような形(『リアライズ通信』のようなイメージ)にしたいと思います。

この背景には、当社の最も弱いポイントである『お客様やマーケットに対して情報発信やコミュニケーションを怠らずに行うこと』を少しでも改善していきたいという、反省の意味も含まれています。
3行くらいで中身が終わってしまう回があるかもしれませんが
、その時は是非とも暖かい目で見守っていただけるとうれしいです。

さて、前置きが随分長くなって恐縮でしたが、この4月から当社にとって新しい2012年度が始まり、はや1ヶ月が経とうとしております。
今年度は、例年いつも4月の半ばくらいに(若干形式的に)行っていた全社キックオフを、4月2日のウィークデー初日に敢行しました。
年度末の納品と重なって、社員には相当負荷がかかったと思いますが、会社の大方針として掲げた『データマネジメントを一つの産業分野として確立させ、そのカテゴリー・イノベーターになりたい』というこれまでの思いを改めて明確に表現し、そうした世界観を実現していく道程として本年度のゴール・目標、1年後に達成したい具体的指標はこれだ!という明確な意志表明と意識合わせをしました。

これに合わせて組織を思い切って変え、各セグメントの部門長もモチベーションの高い幹部を新たに登用して、責任と権限を与えて事業を牽引する体制に刷新しました。
その成果もあってか、昨年度より大幅に頂戴する引き合いの件数も増えており、立ち上がるプロジェクトの速さも例年にない勢いを見せています。
まだまだ新しい組織の動き方や重点施策との連動性が馴染んでいないところも多々あり、若干戸惑いを見せている社員がいるのも事実ですが、小さくても良いので成功体験を積み重ねていくことで、きっと始めはゆっくり廻っている車輪が高速に回転していくようになると前向きにとらえています。

このインターネットの時代に、データ(論理の世界)モノ(物理の世界)と同じ価値を表す状態になっていないことが、あらゆるビジネスシーンにおいてどれだけのマイナスを生むか、さらにハッキリしてくるでしょう。

ビジネス価値を創出するために不可欠なデータマネジメント、そのリアルな成果を一人でも多くのお客様にお届けしてまいりたく、今後ともリアライズの躍動にご期待いただけると幸いです。
今後とも何とぞよろしくお願いいたします。

【追伸】
「大西さん、家庭菜園の話題が最近ないですねー」と最近よく言われます。
実は、毎週土日とも小学3年生になったばかりの息子の前小年野球のボランティア・コーチが大変に拘束時間が長く、区から借りていた農園は残念ながら断念することにしました。
悔しいのですが、何事も中途半端は良くないというポリシーがあるため、当面は少年野球のコーチに集中し、 自宅のガーデニングくらいで留めたいと思っています。
夏場のトマトやキュウリなど、汗水たらして収穫した野菜たちは格別なのですが、何事も継続こそ大切なので。。。
とても残念ですが、絞り込みを選択した次第です。