ホーム>サービス紹介>アウトソーシング>

紙カタログとWEB商品マスタの照合・校正サービス(- Master Data Correcting Service(MDCS))

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様が発行する紙媒体カタログやWebの電子カタログとそれに対応した商品マスタデータのリファレンス・突合せチェックを行い、ノウハウを蓄積した専門家がデータの校正を行うサービスです。世の中に発信する情報の正確性に対してエンドユーザの目が非常に厳しくなっている昨今、紙カタログ・商品マスタ両方の品質を格段に向上させることができます。

想定利用企業・シーン

  • 紙カタログを取り扱う企業の商品管理者

PAGE TOP

こんなお悩みに

  • 紙媒体のカタログやWeb通販カタログの表記間違い(金額、仕様、環境対応有無、等)により顧客・販売店からの返品を受け付けなければならない。
  • いくら担当者が注意しても何回も見ている馴れから間違いが残存し、クレームや謝罪対応などの非生産的業務が発生している。
  • 該当顧客の満足度低下のみならず、クレーム事例がインターネットで喧伝され、社会的信頼を失うリスクが怖い。

PAGE TOP

特長と強み

リアライズでは、商品情報の間違いによるお客様の金銭的リスク(クレームへの対応工数増、販売機会のロス、返品・再送コスト増、等)の回避と昨今注目されているコンプライアンス的(ブランドの毀損、等)なリスク回避のために、様々な諸源情報を統合的にチェックし、情報の正確性を向上させるサービスを提供しています。

社内に複数存在するデータベース(DB)の値を統一

各DB間でのデータ相違をチェックし、正しいマスターデータを作成することにより全てのDBの値を正しく統一することが可能です。

精度の高い紙カタログの作成

正しいマスターデータを作成し、カンプからチェックすることによってミスの少ない紙カタログを作成することが可能です。

PAGE TOP

ご利用後の効果

ご利用前のイメージ

ご利用後のイメージ

 

PAGE TOP

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

PAGE TOP

更に詳しい事例や実績をお伝えします03-1234-5678 平日 10:00 ? 18:00お問い合わせ