ホーム>サービス紹介>データ構築>

品目マスタデータ構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

品目データ構築サービスは、調達資材・部品・設備・商品といった品目系データを、情報活用に必要なデータに構築するサービスです。

専門家により、「製品名の表記を揃える」「製品属性情報の補完を行う」「製品名の一意化や名寄せを行う」「製品シリーズ名や製造メーカ名、分類(カテゴリ)などの付加価値情報を加える」などの作業を行い、調達コスト削減や販売機会向上、見える化を実現します。

データに関するご相談・お問合せ

お問い合わせ

想定利用企業・シーン

  • 品目系データのユレや欠落からデータ活用が進まない企業の担当者
  • 調達コスト削減をしたい調達担当者
  • 資材部品の管理を行いたい担当者
  • 商品管理を行いたい担当者

PAGE TOP

こんなお悩みに

  • 型番や製品名の記述が不統一で、重複が多い為、データ量が膨大となり、検索性が悪い。
  • 発注内容等が判別できないため、意味を持つ有効データとして扱えない。
  • 製品名レベルでの購買履歴などの現状がわからないため、調達改革の戦略が立てられない。
  • 設備部品・構成情報が分散しており、電子データ、カタログ、キングファイルを見比べなければいけない。
  • 商品マスタ上の情報が少なく、ECサイト上の情報が陳腐に見える。

PAGE TOP

特長と強み

品目を対象としたデータ構築

一般的に、名寄せ・クレンジングというと、特に個人顧客を対象とした処理をするイメージが強いです。本サービスは、調達資材、部品、商品といった品目系のデータを対象としています。

データ構築技術

目の前にあるデータを対象にクレンジング・名寄せを行うだけでなく、ニーズに応じて「紙データからのパンチ」、「分類付与」、「情報切り出し」、「属性情報付与」等の構築技術を適用し、データを構築していきます。

データ構築技術体系の一部

データ構築技術体系の一部

PAGE TOP

サービスの流れ

ご利用企業様からもととなるデータ類を受領し、データ構築ルール策定。ツール処理・人的処理にて構築を進めます。最終的にはご利用企業様のシステムに格納できる状態に整形して納品を致します。

データ構築の進め方

データ構築の進め方

PAGE TOP

ご利用後の効果

品目データ構築の一例として、調達コスト削減を行う場合のイメージを示します。ユレている製品名をそろえることで最低単価での調達を進めることができます。

品目データ構築イメージ

品目データ構築イメージ

その他、品目データ構築の事例を一覧で示します。

品目データ構築事例(抜粋)

品目データ構築事例(抜粋)

PAGE TOP

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

PAGE TOP

更に詳しい事例や実績をお伝えします03-1234-5678 平日 10:00 ? 18:00お問い合わせ