ホーム>会社情報>社長挨拶

社長挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Make IT Real Business

「IT はあくまで便利なツールであり、主役はそれを活用する“人”である」という信念の元、1998年に株式会社NTTデータ(当時:NTT データ通信株式会社)の社内ベンチャー・プロジェクトとして事業を立ち上げてから、一貫してその“人”をサポートする営みに取り組んでまいりました。

社長写真

例えば、SCM等の複数企業にまたがるシステムにおいては、その中心的存在の商品データの精度が問題で運営がうまくいかず、利用者にとっては便利になるどころか逆に苦痛となってしまうケースが多くあります。その原因は至ってシンプルです。「データを作るのは人だから」、「そのデータを使うのも人だから」。

ある商品に関するデータは、その商品そのものと離れて活用され、必ず誰かの手で作り出され、他の人に対して渡されて、使われていきます。社内外の複数の人が関わる日常業務の場面で、商品を指し示すデータに間違いがあること、供給先ベンダーごとに表記がまちまちで再確認が必要となることなどは、人がやることである以上、なかば当たり前です。

しかし、この点が、そのシステム全体の信頼性を揺るがし、折角のIT投資が新たな無駄を生み出しかねない原因となっているのです。そうした人によって作り出されるデータの精度をいかに上げるか、利用者にとっていかに使いやすいものにするか、がシステム全体の評価に繋がると言っても過言ではなくなってきています。

当社は、創業以来、ITの高度化、複雑化とその影響力の増大化の加速を予見して、ITの中に流れる血液-情報-をいかにきれいに循環させ、組織が更なるコストダウンや、より戦略的施策へのシフトを実現できるようにするか、を考えてきました。いつ何時でも、真剣にお客様にとって最大のバリューを産むべく取り組んできました。

Make IT Real Business.

我々は、ITを真のビジネスとして活性化させるため、“人-ITの中のデータを作る”を支援するビジネスにチャレンジし続けます。

大西 浩史

  • TOP PAGE
  • ISMS
    IS 534084 / ISO 27001
  • リアライズ社長ブログリアライズ社長ブログです。不定期連載中。