ホーム>ケーススタディ>

多店舗展開企業向け - 設備マスタ構築により効率的な設備利用を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニチェーンなど多店舗を保有し、また改廃が頻繁に行われるような企業では「空調」や「冷ケース」の使いまわしや適切なタイミングでの購入を実施する必要がありますが、多店舗に存在する設備かつ倉庫に存在する現在状況を把握することは難易度が高い取り組みです。

想定利用企業・シーン

  • コンビニチェーンなど多店舗を保有し、改廃が頻繁に行われるような企業の設備管理担当者

実施内容

  • 申請・台帳類の運用フロー整理
  • データ化項目の設計
  • 関連台帳類のからのデータ構築

実施イメージ

多店舗展開企業向け設備マスタ構築

得られる効果

以下のような効果が得られます。

  • 「空調」、「冷ケース」の再利用検討の迅速化。設備在庫の低減
  • 中期修繕計画立案の実現
  • CO2、省エネ検討による設備更改計画の立案

更に詳しい事例や実績をお伝えしますお問い合わせ

PAGE TOP

データに関するご相談・お問合せ

お問い合わせ

  • TOP PAGE
  • ISMS
    IS 534084 / ISO 27001
  • リアライズ社長ブログリアライズ社長ブログです。不定期連載中。