ホーム>ケーススタディ>

法人向け賃貸不動産の区画マスタ構築により空室率を低減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸不動産管理にあたっては、貸し出しの最小粒度であるフロア区画単位での貸し出しを管理する必要がありますが、実際の契約は相対でまとめて契約を行うことや、従来の区画を区切って契約するなど定型的に管理することは難しいです。

想定利用企業・シーン

  • 法人向け賃貸不動産管理会社
  • 企業にて不動産管理を行っている部門

実施内容

  • 現状契約書の棚卸
  • フロア・区画単位マスタ化
  • 契約情報とフロア・区画の紐付け

実施イメージ

区画マスタ構築による空室率低減のイメージ

区画マスタ構築による空室率低減のイメージ

得られる効果

空室状況が迅速に把握できることから空室率低減を図ることができます。

更に詳しい事例や実績をお伝えしますお問い合わせ

PAGE TOP