ホーム>ニュース&トピックス>ニュースリリース

NPO法人かものはしプロジェクトの会員管理業務のアウトソーシングサービスをスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(2010年07月08日)

~正確かつ効率的な会員管理運用を実現~

株式会社リアライズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大西 浩史、以下リアライズ)は、CSR活動の一環としてNPO法人かものはしプロジェクト(日本事務所:東京都渋谷区、共同代表:青木 健太、村田 早耶香、本木 恵介、以下かものはしプロジェクト)の会員管理業務の一部を受託開始いたしました。会員数の増加に伴い課題となっていた会員管理業務の負荷軽減と精度向上を行い、会員の皆様により一層安心していただけるよう取り組んでいきます。

かものはしプロジェクトとは

かものはしプロジェクトとは、強制的な商業的性的搾取を防止する活動を通じて、全ての子どもたちが未来への希望を持って生きられる世界を実現させることを目的として立ち上げられたNPO法人です。かものはしプロジェクトの活動は、同プロジェクトに賛同した1人1人の会員の皆様により支えられています。

かものはしプロジェクトURL: http://www.kamonohashi-project.net/

実施内容

かものはしプロジェクトは、2004年にNPO法人格を取得して以来、セールスフォースと複数の台帳で会員情報を管理していました。当初は会員数も少なくスタッフによる運営で問題なく運用を行うことが可能でしたが、会員数の増加に伴い、管理体制の見直しがせまられました。

上記課題を解決するためリアライズは、会員データの一元化を進め、会員管理業務のアウトソーシングサービスをスタートしました。これにより、かものはしプロジェクトの会員管理業務の負荷軽減と精度向上を実現し、会員のみなさまにより一層安心していただけるよう取り組んでいきます。

[実施内容の詳細]

以上

*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースに関するお問合せ先

株式会社リアライズ
TEL: 03-5548-2193

■会社概要

NPO法人かものはしプロジェクト
かものはしプロジェクトとは、強制的な商業的性的搾取を防止する活動を通じて、全ての子どもたちが未来への希望を持って生きられる世界を実現させることを目的として立ち上げられたNPO法人です。
株式会社リアライズ
「Make IT Real Business」を企業理念に,情報システムの中に流れる血液ともいえる”データ”を実ビジネスに役立てるコンサルティングやデータ作成を事業としています。データ作成事業では,与信管理などに使用する法人・個人DBの名寄せ,IT機器などの製品・商品マスターデータの作成,製造業で使用するBOMの整備,コスト削減を目的とした機器・部品の調達履歴のデータクレンジングなど,様々な業界のデータでお客様の目的に沿った品質レベルのデータを作成することに強みがあります。
  • TOP PAGE
  • ISMS
    IS 534084 / ISO 27001
  • リアライズ社長ブログリアライズ社長ブログです。不定期連載中。