ホーム>ニュース&トピックス>ニュースリリース

データ総研とリアライズが購買 CSM データマネジメントソリューションを共同で提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(2010年02月03日)

~コスト削減を可能にする調達品目集約サービス~

株式会社リアライズ(本社:東京都江東区,代表取締役社長:大西浩史,以下リアライズ)は,株式会社データ総研(本社:東京都中央区,代表取締役社長:黒澤基博,以下データ総研)と、購買業務における CSM (Component Supplier Management:部品とサプライヤ情報の最適化) データマネジメントソリューションを2月から共同で提供することを発表します。

ソリューション概要

CSM データマネジメントソリューションは,最適な部品・最適なサプライヤを選択できる仕組みを IT で構築し,企業の調達コスト削減を実現するものです。

企業内で活用される部品のマスターデータベースでは,例えば同一機能品や,代替品などが多く存在しているにも関わらず,きちんと関連付けた認識ができていないケースが多く見受けられます。同ソリューションは,このような状態を解消し,同一機能品や,代替品などをグルーピングし、横並びに参照できる状態を提供します。これによって,部品の一括発注によるコスト削減機会を拡大することができます。

 

データ総研は,同社の保有する「マスターデータ管理 (MDM : Master Data Management) のノウハウ」を活用し,同一機能品や,代替品などをグルーピング管理できる品目集約化マスターを中心としたデータベースの計画・設計・構築を担当します。

リアライズは,従来から同社が得意とする「名寄せ・データクレンジング技術」を活用し,実データに対して分析・管理軸を付与することによる既存データベースの充実化と,新たに構築する品目集約化マスターへのデータ移行を担当します。

両社が協力することで,データベース設計と実データ整備の両面の最適化が実現され,より完成度の高いソリューションとしての提供が可能となります。

以上

本プレスリリースに関するお問合せ先

株式会社リアライズ マーケティング・営業部
TEL: 03-5548-2193
FAX: 03-5548-2044

【補 足】

■提供開始日

2010年2月

■提供価格

状況調査の上,範囲などから個別に見積

■会社概要

株式会社データ総研
「ビジネスと IT の架け橋」をミッションに,データ中心アプローチ (DOA) にもとづくシステム開発方法論と技法 (PLAN シリーズノウハウパッケージ) を中核としたコンサルテーションや教育を事業としています。コード統一・マスター統合をはじめ,情報戦略立案,RFP策定,要件定義,データ設計とデータ標準化,業務モデリングなどにより,全体最適・柔軟性を追求した情報システムの構築を支援しています。
株式会社リアライズ
「Make IT Real Business」を企業理念に,情報システムの中に流れる血液ともいえる”データ”を実ビジネスに役立てるコンサルティングやデータ作成を事業としています。データ作成事業では,与信管理などに使用する法人・個人DBの名寄せ,IT機器などの製品・商品マスターデータの作成,製造業で使用するBOMの整備,コスト削減を目的とした機器・部品の調達履歴のデータクレンジングなど,様々な業界のデータでお客様の目的に沿った品質レベルのデータを作成することに強みがあります。
  • TOP PAGE
  • ISMS
    IS 534084 / ISO 27001
  • リアライズ社長ブログリアライズ社長ブログです。不定期連載中。