ホーム>ニュース&トピックス>お知らせ

(株)日立インフォメーションアカデミー様での講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(2008年04月14日)

当社代表取締役社長の大西が、2月13日に(株)日立インフォメーションアカデミー様にて、「業務・システム・データ、三身一体アプローチの重要性(MDM-マスタデータマネジメント成功のカギとは?)」と題して講演を行いました。

講演内容概略

業務・システム・データ、三身一体アプローチの重要性
(MDM-マスタデータマネジメント成功のカギとは?)

業務プロセス標準化の必要性が喧伝されていますが、現実には、いくらプロセスが標準化されてもデータの意味・内容が整備されなければグローバルでの可視化やトレースは不可能です。講演では、具体的な事例を交えつつ、業務、システム、データが三位一体となってこそ業務改革は成功するという観点から、マスタデータマネジメントの秘訣について説明を行いました。

講演の様子

講演内容の詳細、資料等についてのお問い合わせは下記へご連絡ください。

株式会社リアライズ
マーケティング・営業部
TEL:03-5548-2193

  • TOP PAGE
  • ISMS
    IS 534084 / ISO 27001
  • リアライズ社長ブログリアライズ社長ブログです。不定期連載中。