ホーム>選ばれるリアライズ

選ばれるリアライズ

「データは、器であるシステムよりも寿命が長い」ということをご存知ですか?
例えば、基幹システムは約14年でリプレイスを行いますが、データは移行されます。つまりデータはシステムよりも長く残ります。しかし、そのデータを ただ生かしているだけでは意味がありません。活かすことでデータの資産価値を高めることができます。
リアライズは10年以上も前からデータの重要性に着目し、データのあるべき姿やデータ活用の重要性を訴えてきました。昨今、注目されつつある「データマネジメント」において、なぜ、リアライズがお客様から選ばれるのかをお客様の声を元にご紹介します。

ユーザアンケートにより明るみになった高い満足度を徹底検証!

■1.リアライズに発注したきっかけは?


リアライズのお客様は半分以上がリピートのお客様です。前回の実施結果にご納得いただけたため、データに関わるお困りごとは再びリアライズへご相談いただいています。

■2. 発注の決めては?


データマネジメントという言葉の普及前からデータ整備の方法論を蓄積し、データマネジメント分野のカテゴリイノベーターとして業界業種問わずサービスをご提供しています。また、約600案件以上のプロジェクト実績から得たノウハウは高く評価されています。

■3. 利用後の満足度


お客様のデータ活用の目的を元に方法論の提供だけでなく、現状データ調査・方針策定をサポートしますので、見えなかった課題の明確化や目的に最適なご提案を行います。このようなリアライズ独自のアプローチによって、ご満足いただける結果をご提供します。

■4.次回データマネジメントに関わる検討が必要な際、リアライズに声をかけますか?


事実、別プロジェクトや別部門にてデータに関するお困りごとがある場合、リアライズへ声をかけていただいています。

リアライズが選ばれる3つの理由

1.データマネジメントのトータル支援を実現可能に


リアライズはデータマネジメントのコンサルティングだけでなく、実際にお客様のデータ活用範囲に応じて必要なサービスをカスタマイズしてご提供いたします。
また、実際にデータを触っている当社だからできるお客様視点の提案を行います。

2.データに着目するリアライズだからできる独自アプローチ


データをきれいな状態で維持するには、システムといった器を改善するだけでは解決できません。
その中身であるデータの状態を確認し、その状態となった根本的な原因まで調査し、データマネジメントを行う体制作りから支援するのがリアライズ独自のアプローチとなります。
このようなアプローチ方法を取ることで、永続的に活用できるデータ状態を維持できます。

3.お客様をフルサポートすべく徹底した人材教育の実施

入社時はデータマネジメントのプロフェッショナルとなるべき特別プログラムにて徹底的に育成 社内でデータマネジメント・エンジニア認定試験制度を行い、常に高い水準を維持 定期的に外部機関にてデータマネジメントの研究・推進を行う